tel
contact

BLOGブログ

噛みつく

2019年6月1日
杉本

嵯峨祭。

450年以上も続く歴史あるお祭りは、今年も滞りなく行われました。

 

剣鉾と呼ばれる背の高い飾りは、お神輿が通る為の道の邪気を払い、清めます。

長さ6m、重さ40㎏の重たい剣を揺らし、澄んだ鈴の音を鳴らす様は圧巻です。

 

二基登場するお神輿は、愛宕神社、野々宮神社のものです。

神輿振りの様子は、ゼンの事務所からほど近くで見ることが出来ます。

 

その後、長い行列を成して大覚寺へ向かっていきます。

今年も春の風物詩を体感できました。

 

行列のなかに獅子舞がいます。

獅子舞は邪を払い、疫病を追い払う意味があり、頭を噛むことで

その人についた邪気を食べてくれるそうです。

子供の場合は無病息災、学力向上だとか。

また、「噛みつく」は「神着く」でもあるそうです。

子供の頃を思い出して、私も頭を噛んでもらいました。

いつも見守っていただきありがとうございます。