tel
contact

BLOGブログ

建築模型

2012年3月24日
花崎

DSCN0286

現在打ち合わせさせて頂いている下京区の家の模型です。

ゼンのブログをご覧になっている方は気づかれる方もおられるかもしれませんが、今回の模型はディテールや色味までかなり細かく、家具もつくられています。打ち合わせの中で決めていった内装仕上げや図面だけで想像するよりも一目で分かりやすいですね。

打ち合わせを進めていく中で、平面だけではなかなか把握しにくい空間構成や窓の高さ関係等、より感覚的に確認していただく為につくる場合や、基本計画段階での外観のボリューム確認の為につくる場合等いろんな目的でつくる建築模型ですが、今回の模型…実は…お施主様ご自身でつくられた模型です

家の模型をつくるという作業を経験した事のある方はなかなかおられないと思いますが、実際やってみると分かりますがある程度の図面をよむ力と完成形を想像する力が必要です。想像していたつもりでも作成しているなかで発見する部分やより明確に確認できる部分も多いです。

最初に持ってこられた時はかなりの完成度にびっくりしましたが、打ち合わせの中で頭の中を整理しより明確に空間をイメージする事ができるという意味ではお施主様自身による模型作成というのも新しいかたちなのかもしれないと感じさせられました

DSCN0289

menu
tel
contact