tel
contact

BLOGブログ

亀岡祭

2017年10月2日
小西

十月に入り、気候も秋らしくなってきましたね。

皆さんは、亀岡にも祇園祭と同じ様な山や鉾を引く「亀岡祭」があるのをご存知ですか?

「丹波の祇園祭」と呼ばれ、京都府登録無形民俗文化財に指定されています。
亀岡祭の最初の神事「吉符入り」が、一日に亀岡の鍬山神社で行われました。
期間中の無事や好天を祈願する神事が営まれ、亀岡祭の始まりを告げるのぼり旗が氏子総代の方々によって掲げられます。(写真のデータを消失した為、紹介出来ませんが)
昨年亀岡市に転居してから地元の行事などを家族で調べていましたので、丁度お休みだった事もあり、鍬山神社に参拝して来ました。
鍬山宮と八幡宮の二つの本殿が横並びで建つ和銅二年(709)創建の古社で、荘厳な権現造の様式が特徴的です。
五日には亀岡市議会本会議場でくじ取り式が行われ、二十三日の朝から山建てが始まり、宵々山、宵山と続き二十五日に旧城下町一帯で山鉾合わせて十一基の巡行が行われます。そして三十一日に鍬山神社にて一ヶ月に及ぶ全ての行事が無事に終了した事を報告する神事済奉告祭を執り行い、終わりを迎えるのだそうです。
鍬山神社は亀岡屈指の紅葉の名所としても知られています。約五百本の艶やかな紅葉が境内を美しく染め上げるとの事。
さぞ見事な風景なのでしょうね。その頃にまた、訪れようと思っています。
大工の小西でした。