tel
contact

BLOGブログ

二条城

2019年8月18日
山本

夏になり夜のイベントが増えてきました。

 

二条城のライトアップに参加してきました。

 

二条城といえば徳川家康が京都の宿所として造営した事と

大政奉還で有名です。

 

 

 

鎌倉時代から続いた武士の時代が終わった場所と考えると

歴史ある場所だと認識させられます。

 

 

重要文化財である

唐門(からもん)

をくぐり

 

 

二の丸御殿にプロジェクションマッピングが映し出されていました。

 

 

 

 

二の丸御殿は歩くと音が鳴る鴬張りの床で有名です。

経年劣化で音が鳴るように考えて特殊な金物”目かすがい”を使って床を施工し

忍者除け、侵入者防止の警報装置として利用した説と

 

音が鳴るのは意図せずで警報装置が必要な時代

全く音が鳴らなかった説もあるそうです。

 

はるか昔から建築は沢山の知恵と知識が利用され

その時代時代にあった建物がつくられていました。

 

 

 

今現在、

必要なコト、モノを考えて設計できればと思います。

 

 

今回は夜の参拝となりましたが、

 

 

 

 

 

建物を見学するのであれば明るい内の参拝がおすすめです。