tel
contact

BLOGブログ

この時期に大掃除?

2012年2月2日

今日は朝から常盤の家の最後の仕上げ前の大掃除を当社のスタッフで行ってきました。
一段上がった下が巨大なスライド収納(かなりの物が入ると思いつつ・・・)
収納

奥までもぐり床掃除でした。

LDKには巨大な吹抜けも有り明るい空間に仕上がっています。(これまた巨大)
吹抜け キッチン前タイル

ZENではお施主様にお引き渡し前スタッフ総動員で2回の大掃除をさせて頂いてます。
1回目は総仕上げ前(本日)
2回目は完成見学会後

今回もお施主様のご厚意により完成見学会を常盤の家でさせて頂けます。(お施主様に感謝)
詳しくはこちらの見学会ページをご参照ください。

2月4日(土)、5日(日)の2日間だけの開催となっておりますので、この機会にぜひご参加ください。

受け継がれる文化

2012年2月3日

どんな家を建てたいか。

お客さまと打ち合わせをさせていただく際には家というものに持つ漠然としたイメージや、これだけは外せないとい

う具体的な要望まで一緒に家づくりをしていく上ででき得る限りのイメージ共有を大切にします。

お客さまが持っておられる家に対するイメージはそれぞれの育ってきた環境や好みがあり十人十色。

ですが、具体的な要望に関しては耳にする機会の多い共通のワードがあります。

例えば、

 「生活スタイルや居住する人の数の変化に対応できるフレキシブルな間取り」
    …多くの人にとって生涯住む事になるであろう空間ですので考えておくべきことです

 「家のどこかに1ヶ所、小さくてもよいから畳で横になれるスペースが欲しい」
    …どんなに洋風の家が多くなっても日本で育った人には落ち着く場所である事を再確認させられます

 「階段はリビングに付随させたい」
    …これはこれから子育てをされる予定の方に多い要望で、家族の外出や帰宅を感じやすいようにというお気持ちのあらわれです

 
 「明るく風の通る家にしてほしい」
    …心身共に健康で快適な生活を送り、居心地のよい我が家を考える上で安全性とともに最も重要であり、基本的なことでもあるので当然の要望です

…etc… 

他にも挙げれば多くある共通のワードですが、京都という町で家を建てる方とお話しさせていただく機会が増え耳にする機会が増えたワードがあります。

  『坪庭をつくりたい』

「明るく風の通る家」にも関連していますが、元来、坪庭とは町屋造りにおける主屋と離れのとの間にある庭園を指す言葉で、

辞書には…

 建物と建物との間や、敷地の一部にあり、塀や垣根で囲まれた、あまり大きくない庭の事。中庭的なもの。建物の内部に、光や風を採り入れるために作られる。

と書かれています。

  日本の床座の文化に合った畳の空間と同様に、鰻の寝床と呼ばれる町の坪庭という狭小敷地に対する建築の知恵が受け継がれている事になんだかホッとさせられます。

行政レベルで進められている景観条例等の京都の文化を守っていくハード面での運動ももちろん大事ですが、

家を建てられる方一人ひとりの中で守られていくソフト面での文化もとても素敵なものです。

外村001 (18)

_MG_5909

完成見学会。

2012年2月4日

インフルエンザが大流行中の世の中。

皆様どうお過ごしでしょうか?

現在、2月4日、5日の2日間で京都市右京区常盤にて開催させていただいております完成見学会に続き、
tokiwa_dmol2

2月25日()、26日(
京都市中京区西ノ京御輿岡町にて完成見学会を開催させていただきます。

当社ゼンのお客様は皆様絵に描いたような良い人達でいつも甘えさせてばかりで、
今回もそのご厚意に甘えて開催させていただけることになりました。

今回の御輿岡の家も見どころがいっぱい。

その中から少しだけ今回はご紹介させていただきます。

DSC_0148

勾配天井の際いっぱいに窓を付けて、リビングに太陽の日差しを取り込み。

DSC_0153

その勾配天井の窓と壁一面に広がった大開口の窓辺に勉強机を配置。

DSC_0156

DSC_0157

DSC_0155

壁一面の大開口を開放するとデッキバルコニーとリビングスペースのつながりを持たせました。

まだまだいろいろご紹介したい点がたくさんありますので,是非見学会の方に足をお運びください。

詳細につきましては当社HPの住まいの見学会ページをご覧ください。

休日の過ごし方

2012年2月6日

こんにちは。

ここ最近、休日になると一人で街をぶらぶらする事が好きです。

そこで先日、三条堺町辺りを歩いていて
面白そうなところを見つけたので紹介します。

__

主に家具や、雑貨などがおいてあるのですが、
その中に取っ手や丁番なども数多くおいてあったので、

完成間近のK様邸こと「常盤の家」に似合いそうな取っ手をいくつか買って帰りました。

素敵なお店だったので是非寄ってみて下さい。

トイレ内収納部

kimukimu

AVボード

kimura

休日は街の方ぶらついてますので、
またおもしろそうな所見つけたら紹介していきたと思ってます。

街で見かけたら声掛けて下さい!笑

もうすぐ・・・

2012年2月12日

昨年、お家を建てて頂いたお施主様のいそがいし時期になってきました。
住宅ローンを組んで頂いたお施主様の確定申告の時期です。(住宅借入金等特別控除を受ける為です)
あれこれ住民票や土地建物の登記事項証明書、ローン残高の証明書、契約書等
その他もろもろ。
大半のお施主様が初めての事となるので結構大変そうです。
ZENでは上記の書類をご用意したりコピーしてお渡ししたりもしております。

本日は、よさそうな庵(家主)I様がご来店頂きお土産を頂きました。(誠に有難うございます)
この時期の一大イベント、バレンタインチョコをお嬢様のYちゃんから頂きました。
井澤家 バレンタイン

美味しそうな手づくりチョコ(直ぐに完売)栄養ドリンクはご主人様の差し入れです。(感謝)

先日も花と暮らす家のお施主様からもバレンタインチョコを頂きました。
このチョコもすごく美味しく直ぐに完売でした。ありがとうございます。
山下里美さんバレンタイン

いつも皆様に差し入れなどのお気遣い頂きスタッフ一同感謝しております。

私には娘が2人いますが、今年もチョコをくれるのでしょうか(余ったら?)

水槽の生態系

2012年2月13日

IMG_1811

事務所にある水槽です

4年目にして生態系のバランスがとれた気がしてます
この半年ほど手入れをしていなく
魚が40匹いるのですが 餌は週に2回程度です
でもなぜか水が綺麗・・・魚も元気な気がする

不思議なもので手を入れた時よりも
ほったらかしの時の方がきれいです

それだけですが
なぜかシュールな水槽に仕上がってます

IMG_1816

最年長のコリドラス
何を食べていきているのか・・・

この男(たぶん)らしさに惹かれます

We Love びわこ

2012年2月17日

先日、琵琶湖の中に浮かぶ島・・・・沖島に行ってきました。

淡水湖の島で人が住んでいる所は、世界でも珍しいそうです。

沖島までは、近江八幡の堀切港から船が出ていますので、そこから出発します。
港は、駐車場になっていました。
後から気付いたのですが、おそらく島の住民の人たちが
本土(?)で乗るものだと思われます。

船に揺られて、およそ10分

船から見える風景。木造の学校です↓
RIMG1308

地図をもっていない、私は公民館で1枚10円で、地元の小学生たちが描いた地図を購入

車が走らないのか、道は全て幅が狭い。
そして、ほぼ皆三輪車・・・

RIMG1299

琵琶湖⇔狭い道⇔畑(山)
今まで、見たことのない構図。
しかも、琵琶湖は結構波が荒く、少しぬれました

葱の奥にみえる琵琶湖↓
RIMG1303

雲で隠れていますが、湖西側の山が見えています。

滋賀県民として、京都のみなさんに滋賀を紹介させて頂きました。
次回も、お楽しみに

右京区上棟式

2012年2月18日

2012年2月17日。

京都市右京区で上棟式を行いました。

CIMG5723

昨日は雪もちらつき棟上げが行えるか心配でしたが無事に上棟式を迎えることができました。

CIMG5728

そもそも上棟式は、新築の際に行われる神道の祭祀で、
工事途中の安全祈願、そして、竣工後も建物が無事であるよう願い、
建物の棟木(屋根の天辺)をあげる時に行われるものです。

CIMG5740

式の方法としては、地域による差異があるようですが、
本格的にやられる地域は、屋上に祭壇を設けそこで祭祀を行うところもあるようです。

CIMG5741

当社の基本的な式の方法は魔よけのための幣束(へいそく)を鬼門に向けて立て、四隅の柱に酒や塩、米などをまき、最後に建物の中心にも酒や塩、米を撒くやり方をとらせていただいております。

地域によっては、餅やお金(硬貨)をまくところもあるそうですが、
建て売り住宅の一般化や、近所づきあいの希薄化などのため上棟式自体が減少している傾向です。

CIMG5733

ただ、鉄骨や鉄筋コンクリート造のビルの場合でも、主要な構造ができあがった時期に行われることがあるそうです。

今回、上棟させていただきましたお住まいも、工事中の安全はもちろん。
竣工後の建物の手入れも抜かりなく、お施主様の財産を守っていけるよう努めていきたいと思います。

CIMG5729

竣工するのが楽しみなお住まいです。

Y様、この度は無事に上棟をお迎えすることが出来まして誠におめでとうございました。

閏年 

2012年2月19日

今年は閏年(うるうどし)なので2月が29日までありますね。
 

閏年って4年に1度やってくるものだと、なんとなく幼い頃から知ってはいましたがどうい

う事なんだろうと思い調べてみました。

世界の多くの国で使われている西歴○○年という暦。

これはローマ教皇グレゴリウス13世が、学者たちに暦の研究を行わせ1582年に制定されたグレゴリオ暦。

このグレゴリオ暦を使っている国では、規則に従って400年に97回の閏年が設けられる。

①西暦年が4で割り切れる年は閏年

ただし、西暦年が100で割り切れる年は平年

ただし、西暦年が400で割り切れる年は閏年

ここまでだと当然日本も西暦という暦を使っているから上記の根拠で閏年が決まっているのだと思いました。

が、しかし、日本における閏年の根拠法は ↓

日本においては、閏年の算定はグレゴリオ暦(西暦)ではなく神武天皇即位紀元(皇紀)によって行うことを法令明治31年勅令第90号により定める。

①神武天皇即位紀元年数(皇紀年数)を4で割って、割り切れる年を閏年とする。

②ただし1. であっても皇紀年数から660を引いた数を100で割って割り切れる年で、かつその結果が4で割り切れない年は平年とする。

西暦(グレゴリオ暦)と皇紀(神武天皇即位紀元)が660年ずれており、これが4で割り切れる数だから永遠にこの法律の基準で日本と世界の閏年にずれができる訳ではないという事です。

ややこしい話になってしまったので

閏年豆知識を

・夏季オリンピックは4年に1度、4で割り切れる年に開催される。そのため、1900年(100で割り切れて400で割り切れないので平年だった)の第2回パリオリンピックを除き、閏年に開催されている

・閏年の西暦年は必ず4で割り切れるので、閏年の十二支は子、辰、申のいずれかである

・日本の法律では、誕生日を基準とした行政手続に限り「みなし誕生日」を2月28日としている

・西暦2000年は3番目のルールに当てはまる400年に1度の閏年であったが、番目までのルールをもって2000年を平年とコンピュータプログラムが誤認するというのが当時話題になった2000年問題の一因

地松

2012年2月21日

IMG_1817

巨大なチョコポッキーのようですが・・・

奈良産の地松です

IMG_1818

木に白いチョークで書いてあるのが
こんな感じで製材してほしいといった打ち合わせの後で
普段現場でみる木材は加工されたものが多いですが
元は力強い 「丸太」 の状態です

今回は玄関前の 「化粧梁」 に使用する予定で

加工する前の無骨な状態ですが
美しい感じに仕上がるのが今から楽しみです

今週末の見学会

2012年2月23日

今週末の2月25日、26日、中京区西ノ京で完成見学会を開催します。

御輿岡の家(見学会)

今回の完成見学会は、当社では珍しくオーナー様がご引越しされてからの完成見学会となっております。

120210ZEN逾櫁シソ繝カ荳・120210-002

通例では、オーナー様にお引渡し前に完成見学会をさせていただく流れがオーソドックスでしたが、
当社のお引っ越し後に見学会をさせていただきたいという申出に、快く承諾をいただきまして実現しました。

120210ZEN逾櫁シソ繝カ荳・120210-004

引っ越し前の見学会では、家具や日用品が入っていない分、非日常的な感覚を持っていただき、
お客様個人個人で「もし、このお住まいに住んだら」と言う想像がしやすかったと思います。

ですが、その反面、完全注文住宅が故に、オーナー様独自の生活スタイルに合わせて設計されている為、
家具が入っていないと想像しにくい部分もありました。

例えば、こちらの玄関。
120210ZEN逾櫁シソ繝カ荳・120210-005

床の土間の部分がL型になっていて一見広くていいなと思われるかもしれませんが、
人によっては土間の部分が無駄だと思われる方もおられるかもしれません。

120210ZEN逾櫁シソ繝カ荳・120210-037

ですが、こちらのオーナー様の場合は小さなお子様がおられる為、
ベビーカーが置ける場所が必要だったのですが、

120210ZEN逾櫁シソ繝カ荳・120210-009

ベビーカー専用の収納を作ってしまうと、お子様が大きくなられたときに無駄なスペースになってしまう為、
ベビーカーが置け、尚且つ、色々なスペースとして活用できるL型玄関に終着いたしました。

120210ZEN逾櫁シソ繝カ荳・120210-006

このように、当社の見学会では実際に説明がないと本当の意味が理解できないお住まいが多い為、
完全予約制となっております。

120210ZEN逾櫁シソ繝カ荳・120210-038

120210ZEN逾櫁シソ繝カ荳・120210-031

120210ZEN逾櫁シソ繝カ荳・120210-030

120210ZEN逾櫁シソ繝カ荳・120210-029

120210ZEN逾櫁シソ繝カ荳・120210-031

120210ZEN逾櫁シソ繝カ荳・120210-028

見学会の詳細&予約はこちらのページからお願いいたします。

写真撮影

2012年2月26日

2月25日、26日に京都市中京区で完成見学会を開催させていただきました。

お越しいただきましたお客様、ご自宅を2日間にわたりお貸しいただきましたオーナー様、
ありがとうございました。

初日はあいにくの雨模様に見舞われ、少し心配でしたが何とか持ちこたえることが出来ました。

今回の中京区のお住まいも、すごく魅力的なお住まいで、
来ていただきましたお客様にすごく喜んでいただけたと思います。

参考になるような箇所もいろいろあり、子供部屋、リビングの目線、家事の動線、
そして、ご主人様の書斎。

是非見ていただいたものを参考にしていただき、今後の住まいづくりに役立てていただければ幸いです。

2日目の今日は、終わった後に家の取材を兼ねて記念撮影をさせていただきました。

IMG_0202

ご主人様、奥様、ともにご協力いただきまして誠にありがとうございました。

IMG_0193

IMG_0199

断熱材

2012年2月27日

IMG_1823

今回採用した床の断熱材は 「セルロースファイバー」

ひらたく言ってしまうと新聞紙に虫よけの薬(人体に対しては無害)を混ぜた商品です
これがなかなかの性能です

寒い時に新聞紙に包まれるとあったかいと思いますが
昔現場で実践したのをふと思い出しました・・・

IMG_1820

作業性の向上と的確に施工するためにゼンでは上棟前に施工します
現場監理が徹底されているから出来る施工タイミングです

IMG_1821

こんな感じでシートの間に吹き込んでいきます
だいたい厚さで10㎝くらいでしょうか

断熱材については性能が高ければ良いと言った訳ではありません
あくまでも家の生活とのバランスが大切だと考えます

ちなみに我が家はシングルガラス
床の断熱材はありません・・・
なかなか寒い家ですが快適ですよ

大切なのは決まった物を使うのではなく
どうしてそれを選択したのか、住宅創りにおいてはその過程が大切だと思います

間近!

2012年2月29日

こんにちは。
来月完成予定のT様邸です。

P1000537

以前にも紹介しましたが薪ストーブのある家です。
設置はまだですが、背面のレンガがなんともいい雰囲気♪

P1000541

温もりのある空間に仕上がってきています。

外部の塀の内側に御施主様ご家族の手形が!

P1000543

さらに温もり溢れる建物になりました。
頬が緩みます(^u^)

残りの仕上げ、精一杯頑張ります!