tel
contact

BLOGブログ

小粋な建具替え

2012年10月1日

大工の上田です。。。

すっかり秋の風を感じる今日この頃・・・・。

我が家は築90年の京町家なのですが、
京町家には季節の変わり目の年に二回、
「建具替え」という一家総出の行事があります。。。

正直なところ、この建具替えは体力的に大変きつい作業です。

夏の建具替えは、たいてい六月頃、
梅雨の晴れ間を狙って、襖や障子・ガラス戸を夏バージョンの葦戸に・・・。
夏用の建具に入れ替えることによって、
部屋の雰囲気はガラリと変わります。
葦戸は風を通り抜けるが視界はしっかりさえぎる。
蒸し暑い京都の夏をいかに涼しく快適に過ごすかに重きを置いて、
京都の人々は住む家に様々な工夫を凝らしていたんでしょうね。

120930-2

120930-1

家中のふすまや障子をはずして、布を巻いて蔵へ運び込み、
代わりに蔵から葦戸やすだれ、籐の敷物などを出してきて決められた場所に納めていく。
そして、仕上げに拭き掃除。家族総出で半日ほどを費やして行います。

ついでに建て付けの悪いところはカンナで削ったり、打ち物をして調整。。。。
大工ですから、そのあたりは直します。
不思議なもので、建具替えを終えると

「今日から夏!」

「今日から冬」

っとスイッチが入れ替わります。

120930-3

120930-4

そして夏を終え涼しくなってきた今頃冬の建具へと戻します。

京町家に住み、春夏秋冬を感じることができることに感謝したいです。

徴収

2012年10月2日

IMG_2077

募金箱です

ゼンのブログはみんなが楽しそうに書いていると思いますが

実は 「徴収制度」 のもとに成り立っています

当たり前の事が出来ないのが 「大人の証」 と申しましょうか・・・

精神的に大きなダメージを受ける制度です

ただ 何事も継続することに意味があり
それによって必ず達成できる事が増えるはずです

今日も 「徴収」 されながらブログにいそしんでいます

久しぶりの…

2012年10月6日

久しぶりに出会いました!!

会社で、お金の精算をしてましたら、
何気なくひょこっと顔を現した
珍しい方がひとり…

13494730462710

夏目漱石さんです

久しぶりすぎて、テンションがあがってしまいました。

2004年から変わってるということですので、
8年ぶりですね~♪
その、間もちょくちょく出会っては
いたと思うのですが…

今度は、二千円札に出会ったりしないかと、
期待してしまう今日この頃です。

ペット博2012 大阪

2012年10月7日

今日は三連休の中日ですね。みなさんどのようにお過ごしでしょうか。

TVでもCMしていましたが、この三連休インテックス大阪でペット博2012大阪が開催されています。
111

ペットスター誕生(宣伝マンやプロデューサーなどのスカウトマンからプラカードがあがれば明日のスターへの道が開かれるかもしれない)イベント

猫カフェ

ドッグファッションショー

ウサギ、カメ、モルモットなど小動物とふれあえるコーナー

ペット用品販売

‥‥などなど

1人でも家族でも楽しめそうなイベントです。

三連休最終日、お時間のある方はぜひ。 リンク⇒http://www.pethaku.com/osaka/

自動販売機

2012年10月13日

先日、阪急梅田駅を歩いている時、
こんなものを見付けました。

自販機

コカ・コーラの自動販売機なのですが、
何とタッチパネル式になっているのです。

自販機2

思わず足を止めてしまい、
いじってみると、自動販売機のクセにちょっとしたゲームが出来たり、
モニターに映し出された商品自体を回すことができ、商品イメージだけではなく、
購入する前に裏面の商品の成分表などの内容部分も見ることが出来、
すこしテンションが上がってしまいました。

自販機3

2,3分触って、
最終的には缶コーヒーを2本も買ってしまい、
コカ・コーラの戦略にやられた感はありますが、
すごく得心しました。

缶コーヒー

ちなみに、インターブランドと言うアメリカの調査会社が発表した、
世界ブランド番付では13年連続でコカ・コーラが首位を維持しているそうです。

ようやく

2012年10月17日

こんにちは

近頃は朝方や日が沈んでからはすっかり肌寒くなってしまいました。

個人的に嫌いじゃないです。

さて、

以前ブログにもアップしました、キリン一番搾りの応募シールを集めたら必ずもらえる
おうちでフローズン〈生〉がようやく届きました。

__

本当は暑い8月にもらえる予定だったのですが、
8月には人気のため生産がおいつかないという通知のハガキだけきて、こないだ商品が届きました。

もうすっかり肌寒いですし、ビールは飲むもののフローズンにしようとは正直思わないのが本当の所。

来年の夏の楽しみが一つ増えたという事にしておきます。

植木の選定

2012年10月18日

ZENでは植栽を選ぶときにお客様と一緒に 「樹木園」 を廻ります

建物との大きな違いは一本一本に繊細な表情があり
またそれが成長して大きくなる

建物は新築時から劣化が始まるのですが
それとは逆に植栽は長い年月を経て趣がでてくる

経年変化と言った意味では基本的に逆になるわけです

IMG_2084

植栽には 「春夏秋冬」 どの季節が一番美しいかの季節感

「落葉樹」 と 「広葉樹」 葉っぱが一年中茂っているか否か

その他環境に応じて様々な植栽があります

上手に長く美しくするこつは

「要望だけ伝えてプロにまかせる」

これにつきると思います

ZENは建物の打ち合わせと並行して外構や植栽の提案をしています
「建物」 と 「植栽」 が一体となって初めて敷地が一つになると考えます

 

京都芸術センター

2012年10月19日

京都芸術センターに行ってきました。

京都芸術センターは、烏丸御池の北西にあり、
総合芸術施設となっています。
昭和6年築の元明倫小学校を改修したものだそうで、
入口の門には、当時の学校の看板が残っていました。

13506240809311

13506240652150

13506241092063

入ってすぐにカフェがあり、図書館や情報コーナーがありました。
13506241363755

奥は、ギャラリーとなっています。
私が行った時は3Dの空間投影がながされており、3Dメガネをかけて見るのですが
ダンス風景が目の前で流れていて、歩いて近くに寄ったり
遠くから離れて見たり、横から見たりと・・・
いろんな場所から見れたので面白かったです。

その他、天井に映し出された3D画像を寝ころんで見たりもできました。

行った日が雨で、夕方に訪れたので、中々暗く・・・
元小学校ということもあり、人気のいない廊下は少し怖かったりもしました

13506243911126

13506244076287

懐かしく感じる手洗い場も、レトロでかわいかったです。

13506244201808

教室を「制作室」として貸出されており、地域の交流の場となっています

また、近くに寄られた際は、ぜひ行ってみてください

変化するお祭り

2012年10月25日

先日大将軍のお祭りに行ってきました。

祭事の多い季節で少し前には平野神社のお祭りにも行きましたが、大将軍のお祭りでは宵祭りに妖怪仮装行列というちょっと変わった催しがあり歴史はもちろん、地域住民がみんなで造り上げてる感じがとても印象深いお祭りでした。

よ①

「百鬼夜行」 呼んで字の如く、多くの異形の鬼(妖怪)たちが夜中に徒党を組んで行進する現象を言います。
主に平安時代の京都で起こったとされるもので、この催しは町おこしとして、八神社の秋祭りの宵に、妖怪仮装行列として復活させた行事ということです。

-よ②

小さい子供も参加してのお祭り、まだ復活して7年程ということですが、伝統を守るためには同じことだけを続けるのではなく、新しいことを取り入れつつ継続していく事が大事なんだと改めて感じさせられました。

お引き渡し

2012年10月29日

今日はこの前にお家のお引き渡しをさせて頂いた音楽のある家のご紹介
玄関

玄関より見える木の格子の向こう側は坪庭。
玄関ローカ

玄関からタモ材のフローリング。
吹抜け軒裏

上部の吹抜け木の軒裏がカッコいい。
階段は造作階段でカーペット仕上げ
階段

キッチンはクリナップ製SSシリーズ
キッチン

カップボードはお得意の造作家具
カップボード

今回もお施主様のご厚意により完成見学会をさせて頂ける事になりました。
防音の音楽室も有り必見です。
皆さまも是非ご参加ください。
見学会の開催日時
平成24年11月3日(土曜日)4日(日曜日)AM10:00よりPM5:00まで(要予約)

音楽のある家(ハガキ)スキャン

一番大事なモノ

2012年10月31日

みなさんはお寺や神社の屋根に注目されたことはありますか?

img_990316_30222404_1

この屋根は皆さんご存知の瓦なのですが、
中にはこういった屋根を見たことはないでしょうか?

C6BCC8C4B2B0BAAC

img_575803_14549388_0

さて、みなさんはこの屋根の材料が何かご存知でしょうか?

正解は銅なんですが、
銅と言えばみなさんはこんな色を想像されないでしょうか?

copper_busbar

実際に銅板を使って施行したての屋根は、
みなさんの想像通りキラキラしているのですが、

20120704225136bea

FI2618790_1E

DSCF1149

いつの間にか青緑に色が変わっていくのです。

これは緑青(リョクショウ)と言い、
錆の一種なのですが、
銅が酸性雨などと反応して、
銅自体が酸化することにより、
銅の表面に皮膜をつくり、
内部の銅そのものの腐食を防ぐ効果があるのですが、
現在は、ガルバニウム鋼板というガラス繊維を編みこんで作られた鋼板が主流で、
これも鋼板の表面に防錆や耐摩用に塗装が施されており、
内部の鋼板そのものの腐食を防いてあります。

21_738

ただ、みなさんがなじみの深い銅と言えば、
10円玉などの硬貨がありますが、
これらは赤黒っぽく錆びていきます。

これは10円玉を触った時の手垢や、
酸化する際にその他の不純物が混ざっているために赤黒っぽくなるのですが、
赤黒っぽくなってくると上記で説明した、
皮膜を作り腐食を防ぐ効果が弱くなってしまい、
直ぐに雨漏りの原因などになってしまします。

ori-item-07_08

なので、銅板を施工する際は、
手垢などがつかないようにゴム手袋などをしてから軍手をして、
二重の対策をとり、当然、銅板を止める釘は銅製の物を使います。

また、ガルバニウム鋼板などの施行の際は、
板と板の間などに水が入りそうなスペースがあると
シリコン製のボンドのようなもので入らないように蓋をするのですが、
銅板の場合だとそのようなものが一切使えないため、
極力、そういったボンドなどで逃げることが出来ない施工方法をして、
どうしてもスペースが出来てしまったときは、
そのスペースを半田ごてで穴と言う穴をすべて塞いでしまいます。

IMG_1134

銅板と言うものはガルバニウム鋼板よりも、
素材自体が柔らかく、しなりやすい為、
お寺などのテリ(反り上がった屋根)にも対応でき、
IMG_3180saifukuji3010

キチット施工をするとテリなどの複雑な板の曲がり方にも、
銅自体が緑青をふいてくれるため、
水の侵入などを塞ぎ、建物の経年変化にも対応してくれます。

なので、素材が柔らかく施工や管理が難しいということもあり、
銅を扱う職人次第で、善し悪しが決まってきます。

turu90

この職人次第でいうことは、
現代の家造りにも通じることが多く、
手をかけないで施行することはいくらでも出来、
手をかけないで施工するということは、
時間がかからない。
時間がかからないということは、
人の手間がいらない。
人の手間がいらないということは、
お客様に安く家を提供できると言う事に繋がっていくのですが、
良いモノを使っても施工が悪いと何の意味もないです。

行政の検査や長期優良住宅などの基準で、
釘の一本一本までの品質の確認や
施行方法に関しての検査までして保証してくれるものはなく、
ほとんどが上辺だけで取り決めがされているだけで、
実際に施工する職人などは資格が必要なわけではありません。

施行する人間が一番重要なのに、そこを誰も判断してくれる人はいません。

なので、自分の生活、自分の財産、自分の家族を守っていくために、
一番はお客様が理解して納得して家づくりをしてください。

ゼン・コーポレーションはお客様が理解して納得する為に、
スタッフ、現場の職人一同、ゼン力を持って対応させていただきます。