tel
contact

BLOGブログ

土地の購入

2014年5月2日

皆さんはマイホームを建てようと思ったとき一番重要なポイントは何ですか?

土地をお持ちでない方は土地を探すことからだと思います。

土地をお持ちの方は建築会社をどうするか。

建築会社が決まると間取りや仕様をどうするか。

様々なお考えをお持ちのお客様がおり、
色々な着眼点を持って皆様必死にご検討されておられると思います。

そこで、このブログでは土地探しと言う点に着目して少し掘り下げた話が出来ればと思っております。

例えば、2000万円の土地を購入するとき、皆様は2000万円を「お支払いする」と言う感覚を持たれると思います。

ですが、私個人的にはこの感覚を間違っているとまでは言いませんが、
少し違う発想をするだけでもっと楽に土地探しや理想のマイホームを建てることが出来ると思います。

その違う発想とは、上記の例の2000万円と言う土地代は、
「支払う」ではなく、「換金する」と言う感覚です。

そもそも家を建てられる方は、
基本的に今後一生その土地に住む目的で家を建てられる方が多いと思いますが、
それは、上記の土地代を「支払う」と言う感覚を持っておられるからだと思います。

なので、住宅ローンも借入額4000万円借りられると4000万円全額返済しないといけないと思われる方がほとんどだと思います。

ですが、上記の「支払う」と言う感覚ではなく、
「換金する」なら、借入額の4000万円の内、土地代2000万円は一時的に土地に形が変わっているだけなので、
実質残りの2000万円分だけ返済すればいいと言う事になります。

当然、上記の考え方をするにはある程度の地価の変動を読むことは大事です。

例えば、工業地域や第一種低層住居専用地域では価値の変動の仕方が明らかに違うように、
近い将来このあたりの地域がどうなるかと言うのは調査することによってある程度読めてくる部分ではあります。

また、少子化の世の中で京都市内と言うだけでそれだけで価値がある地位なので、
よっぽどのことをが無い限りはある程度の資産価値は将来的にもあるものです。

それに今は、前の道が狭かったり、周辺環境が悪くて値段が安い地域でも、
周辺の家屋の建て替えに伴いセットバックされ道が整備されたり、
京都市の用途地域や都市計画で将来的には価値が2倍やそれ以上になることもあります。

この考え方だと、これからお子様が生まれる家庭の場合は、
お子様が生まれてから自立されるまで、
長く見ても約30年間。
その30年間で住宅ローンのほとんどを返済でき、
その土地を売ってしまいローンを完済して、
ご夫婦は、子育てのために建てた家ではなく、
売却資金を元手にご夫婦が老後をもっとゆっくり暮らしていける為土地で、
ご夫婦の為の家を新たに建てられることになります。

また、上記の土地を売却する際は、
自分の子供に売ることによって、無駄な税金がかからないことになり、
相続対策としても有効に活用できますし、
子供としても通常の市場価格よりも安く買えることになると思います。

家を建てるとき、
その土地がすごく気に入ってその土地で一生暮らしていきたいと言うのもすごくいいことで、
将来その家に一生住めると言う重点を置くのもいいことだと思います。

ですが、家は人生で一回しか買えないものでは決してありません。

人間は人生で何度か節目を迎えます。

そして、次の節目に家族で笑いながら向かっていけるような

「その時、その時を精一杯楽しめる家」

個人的にはすごく魅力的だと思います。

様々な考えをお持ちのお客様に様々なお手伝いが出来るように・・・・・

大型連休

2014年5月4日

消費税増税から早一か月。

スーパーの税抜き価格にいつも騙されてしまう今日この頃。

春の大型連休・ゴールデンウィークのシーズンですね。

無題

皆さんはどこかに行かれた or 行かれるご予定はありますか?

私は自転車で建築めぐりでもしようかなと思っています。

さて、みなさん様々に過ごされるであろうゴールデンウィークですが

祝日をおさらいすると、

【4月29日 昭和の日】
2007年まではみどりの日でした。昭和天皇の誕生日ですね。

【5月3日 憲法記念日】
日本国憲法が施行されたのを記念して制定されました。
ちなみに公布されたのは11月3日で文化の日となっています。

【5月4日 みどりの日】
2007年までは国民の休日でした。この日は祝日の間を埋めて三連休にするために1985年に制定されました。

【5月5日 こどもの日】
こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日として制定されました。

ゴールデンウィークの名前の由来は映画の宣伝文句という説やラジオのゴールデンタイムからきているという説があります。

しかしNHKではゴールデンウィークという呼び方は認めておらず春の大型連休という表現をします。

ちなみに2015年には秋にも大型連休があるそうです。

梅雨入り目前

2014年5月8日

GW中の5/5子供の日 沖縄が梅雨入りしたというニュースが流れていました。

工事の日程管理をするため日頃から天気予報は気にかけて見ているのですが、梅雨の時期は特に工事の予定がずれやすく気を遣います。

今年の京都の梅雨入り予想は6/5前後で梅雨明けが7/20頃だそうです。

個人的には5月末の棟上げ物件があるのでなんとか梅雨入り時期予想は的中してほしいところです。

駅まで自転車で通勤しているので雨の多い梅雨はあまり好きではないですが、12ヶ月のうちの1ヶ月以上もある時期ですので素敵な部分に目を向けてなんとか乗り切ろうと思います

紫陽花

祝・上棟

2014年5月10日

昨日、向日市の現地にて上棟式をさせて頂きました。

以前からブログに載せさせて頂いていた向日市の現地
もう一度、
解体スタート
向日市1向日市2

そして昨日の上棟
私が着いた時には雨養生の為ブルーシートが・・・
向日市上棟

3階建ての綺麗な木組みがお見せできなくて残念・・・

お施主様と四方にお米・塩・お酒をまいて
向日市2

沢山のお食事をご用意頂き
向日市

皆で美味しく頂きました。
向日市食事

本当にありがとうございました。

天空率

2014年5月12日

土地には必ず道路斜線、第一種低層だと北側斜線という斜線規制がかかってきます。

この二つの規制により、これまでは建物がほんの少しでも斜線にかかると不適合建物となっており
屋根の形状を変えるか、建物の位置をずらすか等の方法しかありませんでしたが
建設事情に合わせ、規制緩和が行われてきました。
その高さ制限緩和の法改正の一つが天空率です。

斜線制限で不適合でも天空率が適合であれば建築可能となります。

WS000001

例えばこのような第一種低層の土地でプランを考えて行く場合
北側斜線がかかってきます。

WS000000

少し見にくいですが赤い丸で囲ったところなのですが斜線から少し出てしまっていますよね。

このようにちょっとなのですが斜線にかかってしまっているため不適合になってしまいます。

そこで制限緩和のため天空率を利用します。

天空率は分かりやすくいうと建物と空の比率で判断します。
ある地点から魚眼レンズで空を同心円状に見上げた時にどれだけ天空が望めるかです。

計画建物
WS000002

計画建物とは実際に建てる建物のことです。

適合建物
WS000003

適合建物とは道路斜線・北側斜線に適合する最大の建物ボリュームのことです。

このように適合建物と計画建物の天空図というものを作成し
利用する斜線制限の測定点ごとに天空率を求めます。

・道路斜線の測定点は道路の反対側に道路幅の1/2の等間隔

・北側斜線の測定点は
 敷地の境界線から真北方向に
  第一・二種低層住居専用地域・・・4Mの位置に1M以内の等間隔
  第一・二種中高層住居専用地域・・・8Mの位置に2M以内の等間隔

その結果すべてが
適合建物の天空率≦計画建物の天空率
となったら適合となり緩和を受けることができます。

ゼンではお施主様の要望に少しでも沿って家づくりを行えるように
いろんな知識を持って打ち合わせをさせていただきます。

ウッドデッキ

2014年5月14日

梅雨前で暑すぎず、寒すぎず、ポカポカする日の出来事です。

お客様のお家にお伺いした時、
御菓子とお茶を用意して午後の一服中にお邪魔したみたいですいません。

IMG_4245

10年後が楽しみなお嬢様方でした。

IMG_4247

現場の風景

2014年5月16日

5月も後半になりました。

GWが終わり、みなさん五月病の憂鬱な気分からもそろそろ抜け出せている頃でしょうか。

さて、当然のことですが建築の現場というのは竣工するまでは未完成の状態です。

そして設計士は完成の状態でデザインのいい住宅ができるように設計します。

ですが、建築中の現場に行くと柱や梁のむき出しの建築が妙に美しく感じる時があります。

完成の過程で見えるカタチが設計の意図とは関係なく、ある種の偶然の風景として現れるのです。

今回はそんな現場の風景を presented by 石田 でお送りしたいと思います。

IMG_0492

外部からの光が空間にやわらかい陰影を与えてどこか哀愁のある風景です。

IMG_0501

下のほうはブルーシートからの光が、上のほうはそのままの光が差し込んで、
二種類の色の光が空間を対比して演出しています。

IMG_0481-2

西日が屋根の裏側を照らしている風景。完成した建物ではありえない光の当たり方です。
木の色が美しく照らされています。

状況確認や記録を取るためによく現場に行くのですが
そんな風景と出会えるのが楽しみだったりします。

また写真でご紹介したいと思います。

ビアガーデン

2014年5月18日

IMG_0394

新都ホテルのビアガーデンに行ってきました

夏本番になってしまうと暑いので一足早めのビール
この時期は時間制限などもなくゆっくりと飲めるのでお得な気分です

ZENでは思い付きで飲み会を企画しますが
今回も突然の飲み会

個人的には駅ビル越しの京都タワーが
竜安寺の石庭に見えてしまい
不覚にもビールを飲みながら、深く考えさせられてしまいました

IMG_0395

いつもだいたいこんな感じですが
廻りから見てもわかりやすい
酒好きな集まりです

西七条着工

2014年5月20日

先週頭より 西七条の家 基礎着工しました。

二階リビングからつながるロフト空間に大工手加工の木製アクセント手摺を計画しており、個人的には一番楽しみにしているところです。

東2

第三者機関の配筋検査も無事通過しました。二日後に控えているコンクリートの打設後、養生期間を十分に確保した上で今月末の棟上げを予定しています。

写真

万全の準備をしてあとは棟上げ日の天気を願うのみです。

ボンボン時計

2014年5月22日

IMG_0405

我が家のマストアイテム  「ボンボン時計」

結構昔の話ですが、京都の骨董屋さんに行ったときに見つけました
4台くらいの取り扱いがあっていろいろと音色を聞いてこの時計に決めました

高くもなく低くもなくちょうど良い音色です

何度か修理や調整に出しながら現在も現役で動いていますが
定期的にぜんまいをまいたり、それなりに手がかかります

写真ではわかりにくいですが
少し右側に傾けて設置してあり
本当に微妙な角度ですがこの傾きでしか動きません・・・

IMG_0406

中には鉄のコイルなどはありますが
極めて単純なぜんまい式時計

今はやりの電波式時計も正確な時を刻む点では優秀ですが

自分の感覚で時間軸を共有できる時計も大切かと
ちなみに1週間で2分ほど早く時を刻みます

年に何回か時計の針を合わすのですが
巻き戻すときは、時間を得した気分になり少し幸せな気分にさせてくれる我が家のマストアイテムの一つです

便利な時代であるからこそ
あえて時間をかけるのが本当の贅沢

みなさんも我が家の 「マストアイテム」 を探してみて
古き良き時代を感じてみてはいかがですか

心が少し豊かになった気分が味わえると思います

IMG_0407

ちなみにこのネジで回します

嵯峨祭

2014年5月25日

本日5月25日は嵯峨祭りの還幸祭でした。
その歴史も450年以上と古く、愛宕神社の愛宕神・野々宮神社の野々宮神をお祭りするためのものです。

二基の御神輿と剣鉾・稚児行列が嵯峨野一帯を巡行します。

祭り

剣鉾の独特な動きによって剣鉾についている「りん」をならし、御神輿の通る為に邪気を払います。
その音がとても澄んだ綺麗な音を響かせ勤務中ながら少し聴きいってしまいました。

巡行が終わってからも事務所前を多くの歩行者が歩いていて

今年もまた夏のお祭りの季節が近づいてきているなと感じさせられた瞬間でした。

近い将来。

2014年5月26日

最近の新築住宅などには太陽光発電などの設備が非常に多い気がします。

時代の流れは建売住宅などにも太陽光が標準でついている時代ですが、
太陽光発電について少しデメリットも考えてみましょう。

太陽光発電と言うのは便利なモノです。

自宅の敷地で発電が出来、
電気代の節約や売電をして家計を助けてくれる商品であることは皆さんがご存知だと思いますが、
逆に家計を脅かす可能性もあります。

まず、一番初めに思いつくのは雨漏れだと思います。

これは、屋根に取り付ける際に穴を空けないいけないなどの施工方法をされる場合に、
太陽光を取り付ける場合と無い場合は雨漏れの可能性は、
いくら工夫されて取付されているからと言っても、
確率が減ることは一切ないと思います。

また、穴を空けない工法でもそうです。

屋根の上に太陽光を乗せると、
隙間などに落ち葉が溜まったり、鳥などの小動物が巣を作ったりします。

005

yjimage

と言う事は、落ち葉などの影響で屋根の水の流れが悪くなり、
屋根の上に水溜りが出来る可能性があります。

さすがに、太陽光の施工をするために細心の注意をして施工をしたとしても、
水溜りが出来てしまうと侵入する量は少しずつかもしれないですが、確実に家の中に侵入していきます。

また、もっと怖いことは火災です。

鳥の巣や落ち葉などの熱がこもってしまいそこから発火してしまったり、
鳥やネズミなどが線をかじったり、単純に装置が劣化したり。

可能性はいろいろあります。

clipimage_13

太陽光パネルは光が当たっている状態だと常に発電するので、
もし、火災が発生すると水をかけてしまうと感電する可能性もあります。

このようなデメリットはあくまで可能性があると言うだけですが、
近い将来の10年後などに、このようなニュースやリコールがなければいいのですが・・・

メンテナンスや維持費、また水漏れや火災に対しての保険など、
結局、得をしているのか、損をしているのか慎重に考えないと、
安易な考えで「太陽光が標準装備だから・・・」は危険な気がします。

DIY

2014年5月28日

最近暑かったり涼しかったりなかなか気温の差が激しいですね。

体調崩さないように気をつけたいものです。

さて、非常に私事ですが最近ハムスターを飼い始めました。

曲がりなりにも国家資格を持つ設計士として、

最高のハムスターハウスを‘設計’しようと思い、人間の住宅を設計する手法を使って考えてみました。

images

住宅を設計するにあたってまず行うことは‘聞き取り’です。

住み手の要望やライフスタイルを汲み取ります。

ハムスターに聞き取りするわけにはいかないので、ネットや書籍でハムスターの習性などを調べます。

・夜行性
・体長15cm~20cm
・十分に運動できる環境
・飽きのこない単純過ぎない空間
・寝どこ、安心できる場所(狭さ)の確保
・落ちてもケガのしない安全な高さ設定

など計画に必要な材料を集めました。

次にヴォリュームを決めます。

住宅の場合、敷地の広さや資金計画によって決定されることが多いですが、

今回は予算の関係上ホームセンターで売っている一番大きな衣装ケースを

ハムスターハウスのヴォリュームとしました。

IMG_2318

ここに聞き取りで汲み取った材料を落とし込んで計画していき、

図面として表現します。

今回はざっくりとしたスケッチを図面の代わりにしました。

IMG_2377

IMG_2376

設計意図は

半地下のあるスキップフロア形式で回遊的な動線計画と二階から地下に

巣穴感覚でもぐることのできる穴や、

ハムスターの生活に必要な広い平面と適度な狭さの身を隠せる空間を兼ね備えられるように計画しました。

そして、今回はのこぎりもろくに使うことのできない石田が施工するので

なるべく単純な構成で作れるように施工性にも考慮しました。

材料は倉庫や事務所で保管してある現場で出た木材の切れ端などを使います。

そして施工。

案の定切り口はギザギザに曲がってしまいましたがヤスリで削ってとりあえずはOKということで。

現物をみて施工していくうちにやっぱりこうした方がいいかな、こっちのほうがかっこいいかな、

ということが出てくるのでその都度検討して変更を加えていきます。

(実際の住宅でも施工中に現場をみて変更することはしばしばあります。)

具体的には板の間や暑さ対策の石の間などを追加したり、

一階の床を2cmほど浮かして衣装ケースに穴を開け、通気が取れるように変更しました。

そして竣工したのがこちら。

IMG_2379

IMG_2322

お施主様(ハムスター)の反応も上々で半地下に餌や木屑を集めて寝どこを作ったりしています。

二階に作った巣穴風入口も見事に使いこなしてくれています。

IMG_2375

相手がハムスターといえど自分の考えた家を

喜んで使ってくれている(おそらく)のは嬉しいものです。

今後はハムスターの住まい方や行動をみて随時改修・増築していくつもりです。

アフターメンテナンスも大事な仕事の一部ですので。

IMG_2344

暑い・・・

2014年5月29日

最近、暑い日が連日で少し前まで、当社の蒔きストーブに
火を入れて暖を取っていたのがウソの様な、お天気
車に乗っていると暑くてエアコンをつけてしまいました。
蒔きストーブも今はお休み状態・・・
蒔きストーブ

天井まで積んでいた蒔き丁度無くなりかけです。

今日は大安でお日柄も良く、右京区嵯峨で建築予定の物件のお取引に(引き渡し)に
銀行さんに行ってきました。

来週には屋敷祓いのご予定でその後、建物の解体を予定しております。
嵯峨裏柳町

右京区嵯峨に多い風致地区での現場です。
今、建っている建物は建ペイ・容積率ともにオーバーしており
既存不適格のお家です。

解体し、建て替えると上の写真のお家の大きさは建てられませんが
当社、花崎がお打ち合わせをさせて頂き、良いお家ができそうです。

マダ、工事着工もしておりませんが完成が楽しみです。

建築協定

2014年5月30日

IMG_0399

京都に限らず全国的に 「建築協定」 が定められてある地域があります

法律や条例は基本的に、国や都道府県、自治体が定めるのが一般的ですが
この建築協定については、基本そこに住む人達が発案者になって、地域の決まり事を定め
未来に良い形で文化資産を残したりするのが目的です

なんでも法律が優先の世の中ですが、「個々の約束事」 が非常に尊重される良い仕組みだと思います

ヨーロッパの集落などでは、子供も自分たちの住む町に早くから関心を抱き
生活の中で、次世代に受け継ぐといった感覚を持ち合わせているようで
文化の先進国ならではの成熟した国民性がとても素敵です

京都は世界的に見ても、文化の豊かな町で観光都市でもあり
特に 「田の字」 の中には多くの町屋が現存して活用されています

IMG_0402

個人的には散歩の良く似合う町の印象が強く
なんど同じ小路を歩いても新しい発見があり新鮮です

今回見つけたのはこれです

IMG_0401

一見なんでもない町屋ですが
付け庇(屋根?)に金属の加工品を使っています
柔らかな曲線で施工することにより、その存在を消しています

なぜ金属で施工したかは不明ですが
見事に調和しています

IMG_0404

御池通りに面した赤の鳥居
魔界との結界でしょうか

なんともミステリアスな町です

個人的に建築協定を作成するなら

屋根は瓦
外壁は塗壁
外構には植樹帯

たったこれだけのことで100年後に世界一の文化都市になるのではと思います