tel
contact

BLOGブログ

庭の魅力

2014年10月2日

先日ふらっとお気に入りのラーメン屋さんにて

写真 1

行列していることが多いお店なのですがちょっとしたベンチと坪庭があり、並んでまでご飯を食べようとは思わない私ですがなぜかあまり待つことが苦に感じない場所です

写真 2

お店の中からも格子戸越しに庭を感じられるようになっていて中間期にはとても気持ちの良い空間です

久しぶりにぼーっとした気持ちの良い待ち時間でした

断熱材施工

2014年10月3日

今日は 高台の家 で先日の壁に続き2階天井部分の断熱材セルロースファイバーの吹き込みを行いました

1

狭い空間ですが確実な施工の為小屋裏に入り隅々まで吹き込んでいきます

2

断熱材を送り込む方もマスクで防護しながら吹き手と阿吽の呼吸で吹き出し量を変えていきます

3

ながーいホースを持ち回しながら丁寧に仕上げていき‥

4

 ↑ 一部分の施工した様子です

空気がぬけて沈んでいく分を見越して設計厚さよりも厚くふいていきます

家の快適性に関わる大切な工程なので職人の目も真剣です

少しずつ内部の空間の形も出来上がってきて仕上がりが楽しみです

今年もまた

2014年10月5日

今年の残暑をあまり感じることもないまま
私の大好きなこの季節の到来でしょうか

紅葉が色付くのが待ち遠しいです

紅葉2

ただ、毎年この時期に悩まされるのが交通渋滞。
車もですが電車でも観光客の方で土日は常に満員状態です。

紅葉1

世界観光地ランキング1位なだけに
京都に住まう側としては避けられない
問題なんでしょう、、
ですがそんな世界遺産や社寺に囲まれ
日頃から当たり前のように目にしていることが
鹿児島から出てきた私が改めて考えると
なんだかすごいです

紅葉3

紅葉

今年もだいたいのお寺が11月中旬から~下旬に
ライトアップをされるようですよ。
わたしももうすでに友人と紅葉、お寺巡りを計画中です。

秋の涸沢

2014年10月10日

DSC00755

京都の紅葉もきれいですが
山の紅葉もなかなかの物
だれでも美しい写真がとれる事でも有名です

先日上高地から涸沢、奥穂高と山行に行ってきました
涸沢は高度が高いため毎年9月下旬から10月上旬が紅葉の見ごろ

涸沢と標高で第3位の奥穂高岳
両方楽しめる非常に人気のコースです

「涸沢の紅葉を見ずして穂高を 語ることなかれ」

と言わしめるほど美しい風景

DSC00745

これは穂高からみた槍ヶ岳、快晴

DSC00711

例年、紅葉シーズンの連休ともなると
このようにカラフルなテントが涸沢を埋め尽くします
夜はテントから顔を出すと、プラネタリウムのような満点の星空

我が家の山岳用テントは4人用なので
整地に苦労しますが、それでも快適です

DSC00727

夜はヒュッテのテラスで星空を見ながらのビールと夜明け前のコーヒー
そして写真が「モルゲンロート」
朝日が山肌にあたり赤く輝く現象です、これも涸沢の名物です

ちなみに夕日になると「アーベントロート」と言いこれはこれで別の名所があります

DSC00708

DSC00761

夕方遅く、上高地からの空の景色
薄赤く焼けた空が幻想的です

上高地は今年3回目
なんど行っても飽きることのない特別な場所です

個人的には徳沢のソフトクリームが絶品

台風の爪痕

2014年10月14日

最近では少し御馴染みになってきた光景ですが、
桂川の写真です。

IMG_4608[1]

今回の台風19号は、いつものような夜中では無く、
夕方に京都に接近したので、
すこし騒ぎが大きかった気がします。

とは言ったものの、私の周りでは大きな被害は無く安心していたのですが、
一番びっくりしたのが、北海道の被害状況です。

台風19号は、北海道に到達したころには、
熱帯低気圧に変わっていたのですが、
その低気圧の影響で上空の寒気が流れ込み、
山間部では雪が降っていたそうです。。

Bz5LPUuCYAAF7M1

どこまで積もったかわかりませんが、
雪が滅多に積もらない京都で生活している私にとっては、
寝耳に水で、すごく驚きました。

マンション

2014年10月16日

一戸建ての住宅をメインにさせていただいているゼンですが、これは現在進行中のマンションの改修の現場です。

IMG_0996

木造の家と違うところは、構造体のRCで大きな空間を作り、間仕切り壁は非構造体になっているということです。

木造は柱を立てて壁を作るのでリフォームのときに壁の位置を変更することが難しいことがあるのですが、

マンションなどのRC造では自由に間仕切り壁を変更できます。

もちろん全体のヴォリュームは変えられませんが、家族構成やニーズに合わせたリフォームがしやすいのです。

IMG_0995

完成が楽しみです。

もう少しで紅葉の季節

2014年10月19日

昨日、嵯峨の現地にて基礎の上で柱を受ける檜の土台を据えました。

本日現場にて
嵯峨土台

基礎の上に綺麗に並んでおり来週には上棟です。

帰り道に生き物が数匹、道路の真ん中に
写真に撮れてのは1匹でしたが見た所4,5匹の子猫が
子猫

私の家に居る猫と色が似てました。バームクーヘンでは御座いません。
バームクーヘン猫

嵯峨嵐山方面の観光も人が増え始め良く見る光景ですが
かやぶき屋根のお家を斜め上から
鳥居本・かやぶき屋根

反対側からは京都市内が一望
京都タワー

真ん中に小さく見えるのが分かりにくいですが京都タワーです。わかりますか?

秋の散策でした。

左官壁

2014年10月19日

ゼンの近くで建設中の裏柳の家の外壁工事が完成間近です

3

玄関前のアプローチはお施主様こだわりの櫛引仕上げとなっています。素材感の出ている壁面には素材同士の相性が良い檜の木製オーダー玄関引戸が取り付く計画となっています。

お引渡しまであと一息、また完成の写真UPしたいと思います。

発想の転換

2014年10月25日

先日路をある邸る時の出来事です。

IMG_4692

この写真の中の一点にすごく気になる部分があり、
足を止めたのですが、、、、、

IMG_4694

壁に電信柱の支線がめり込んでいます。

住宅街の中に突然現れた光景で、
塀の方もそれなりに年月を重ねた形跡がありましたが、
電信柱か支線かどちらが先に施工したのか?
どういった経緯でこうなったのか?

電信柱自体も個人の住宅の敷地内にある為、
反対側を見ることは敵いませんでしたが、
道路や電信柱が建っている土地の権利関係や、
電信柱の所有者の関西電力さんとの契約がどういったものなのか、
疑問と好奇心が残る光景でした。

窓拭き

2014年10月26日

先日、もうすぐ足場が外れるということで窓拭きをしに

事務所の近所で建築中の現場に行ってきました。

2階建てなのですが窓の位置がなかなか高いところにあるため

怖かったのですが、近所のお子さんが心配してくれて

なんだかほっこり(*’-‘*)

そして終わった頃には日が暮れ始めていて、夕日に照らされた木製格子が

なかなかかっこ良い感じになっていたので何枚もパシャリ

裏柳

私の写真の腕が悪くこの写真であまり伝わらないのが残念ですが…

高いし落ないかが怖いところではありますが

足場に登って見るこのような風景が個人的に好きで今回紹介させてもらいました。

また写真の腕を上げ皆さんにも共感してもらえるような風景が撮れたら

紹介させてもらいますね

軒天

2014年10月29日

外観デザインが良い家の共通の条件などは明確に存在しますが

そのデザインを構成する面の中で以外にポイントが高いのが

「軒天」です

住宅内部においても天井に変化をつけることが良くありますが
外部は意外とおろそかになりがちです

軒の深さととその構成要素・・・
非常に難しい問題です

深ければ良いわけでもなく、無くてもまた良し

基礎廻りが靴であれば
軒天は仏様を崇めるときのあごのラインといった感じでしょうか

堂々としておりかつ引き立て役に回る必要があり
決して目立ってはいけない部分です

IMG_0582

IMG_0584

IMG_0583

住宅設計は課題が多すぎて大変です