tel
contact

BLOGブログ

地鎮祭

2016年2月2日

左京区の物件で地鎮祭を執り行わせていただきました。

IMG_4916

地鎮祭とは土地に住む神様を祝い鎮め、土地を利用させていただく許可を得て、
工事中の安全、そして家の繁栄を祈願するものです。

これから始まる工事を滞りなく安全に進めていけるよう、一層気を引き締めて取り組んでいきます。

時間と空間のリズム感

2016年2月5日

上高野の家引越し間近 社内検査も完了。今週末にはお客様のご厚意で見学会をさせていただいております。

1

こちらは向日市の改修現場 床の下地工事中 元からあった構造の羽根木(シーソーのように力を伝達している部材)が空間にリズムを与えて素敵です 
2

事務所も改修とまではいきませんが実用性と意匠性を兼ねて取手の在庫収納兼展示パネルを作成しました。
フローリングの端材を利用しているのでいろんな樹種の表情も楽しめます
4

気持ちもリフレッシュする為に休日を利用して鴨川沿いを散歩してきました。
 一度通ってみたいと思っていた橋を渡り、奥に見える川沿いのまだ新しいホテルを見学。
 まだまだ寒いですが良い天気も続き早咲きの桜も見ることができたので良い気分転換になりました
3

現場対応

2016年2月8日

このブログで何度も登場している古民家の改修の現場で、
床の下地をしている工程です。

IMG_1344

IMG_1345

床の合板はまだ仮置きの段階ですが、
その下地を組んでいる際に、
一部だけより細かく下地を組んでいる場所を見付けました。

IMG_1347

手前右手の部分は階段の始まりになる部分です。

階段を上るときはいいのですが、
降りるとき。

特にお子様などはドンドンと勢いよく降りてきて、
最後にはジャンプしたりします。

すると家全体に大きな音がなったり、
何度も繰り返されると振動で床がひずんだりする可能性があります。

そういったことを軽減する意味合いで、
下地を多めに入れているそうです。

IMG_1348

そして、左奥の部分はピアノを設置する予定です。

無くても大丈夫なように設計はされているのですが、
よりお客様のことを思うと、しておいて損はないとの判断で大工さんが対応したそうです。

最近は、職人さんがお施主様の顔を知らなかったり、
逆にお施主様が職人さんの顔を知らなかったり、
ただ、家を作る側と発注する側と言う関係が、
普通になってきておりますが、
あくまで家は人間の手で作るべきものだと私どもは思っております。

下請けの大工さんだと、
図面に描いてないことはしません。

と言うかする方が逆に迷惑になる可能性があり、
そんな現場で図面に描いていないことをする方がおかしい話なので、
こういった対応にはならないと思います。

ただ、設計士と言えど、
人間であり、作っている側も人間です。

ましてやお施主様も人間で、
設計士も大工さんも決められた事だけではなく、
お互い助け合い、お・も・て・な・しの精神で、
家づくりをしていければより質の高いモノをご提供できると思っております。

そんな関係をお施主様とも作りたいと思っております。

哲学の道

2016年2月11日

朝晩はよく冷えますが、日中は天気もよく過ごしやすい一日でした

普段は嵐山界隈を散策していますが
嵐山が西であれば東は南禅寺界隈

IMG_1212

嵐山と同じで四季折々の風情があり
春になれば桜並木の美しいスポットです

琵琶湖疎水の分線に沿った遊歩道は良く整備されており
距離も十分で散歩するのにはおすすめのルートです

自分はあまり用事がないのですが
洒落たカフェもたくさんあります

京都の素敵な場所の一つです

春一番・・・

2016年2月14日

本日は春一番も吹き風が強い・・・
気温は暖かく春の様な気候です。

先日、左京区の方に物件を見に行ってきました。
場所は銀閣寺(慈照寺)のすぐ近くで折角なので銀閣寺の散策へ
銀閣寺

銀閣寺2

46年間、京都に生まれて初めての銀閣寺に感動・・・
入って直ぐに綺麗なお庭に
庭 (1)

目に付いたのはやはりコレ
庭 (2)

向月台(こうげつだい)
庭 (3)

銀沙灘(ぎんしゃだん)
素敵なお庭でした。
上の方に上って行くと東から西に向かって市内が一望。
市内一望

お寺散策でした。

進行中

2016年2月17日

今月から着工している幡枝の家。

IMG_1603

IMG_1605

IMG_1606

先日基礎配筋検査実施しました。

この後コンクリート打設ですが、

気温が低いため、養生期間(コンクリートが固まるための期間)を長めにとって

コンクリートの強度がしっかりでるように配慮しながら、

三月の上棟に向けて工事進行中です。

上棟&お知らせ

2016年2月20日

先週末長岡京で久貝の家上棟しました
IMG_4682

朝から青空でポカポカ陽気 作業している大工さんは少し暑そうなくらい

IMG_4674

ほぼ大工さんの手作業で柱・梁を組み上げていった為、見応えのある上棟風景をお施主様にも見て頂けました。

2階リビングから小上がりの位置関係にある形式の大きなウッドデッキがあるお家。

基本的には連続性を持たせるために室内床とウッドデッキを同じレベルで設定することが多いですが、久貝の家では敢えてデッキを室内より高いレベルで設定することにより視覚的な繋がりにプラスして、ただ広いだけでない間としての空間意義を感じさせてくれるように設計しています

まだまだ完成は先ですがもう少し形が見えてきたら改めてご紹介致します

まったく別件にはなりますが当社でお家を建てて頂いたお施主様が 「日本フラワーデザイン大賞2016」
に作品を御出品されます。 2016年2月27日(土)~28日(日)京都市勧業館(みやこめっせ)
都

フラワーデザインを体験出来る催しもあるようですのでご家族やご友人と是非

HPリンク割引券掲載⇒ リンク

建築実例

2016年2月23日

ZENのホームページですが
若干のマイナーチェンジ作業をしています

今の時代においてお客様の求める情報はさまざま
会社が発信したい情報が 「お客様にとって必要である」
との確証はほとんど皆無です

ZENにとってホームページを更新する意味は簡単です

「なんとなく・・・」

これが微妙に時代にマッチした時に少し前進した感じがする
そんな淡い期待を添えて更新作業をしています

今回は主に 「建築実例」 の更新
とりあえず枠組みだけUPした状態ですが
順次内容の方を充実させていくので興味があればご覧ください

その他は 「スタンダード」 のコンテンツ追加
ZENの事や物についての考え方などを少し書いています
こちらはいまだにUPできていませんが・・・

営業活動が苦手なZENにとっては
ホームページは大切な広告塔です

古材

2016年2月23日

スッカリお馴染み取りなました古民家再生プロジェクト。

今回もそちら工事の様子を少しご紹介させていただきます。

IMG_1575

現在の主な作業は仕上げの工程に入る前に、
クロスのボード下地や化粧として使う古材の補修をしている段階です。

IMG_1577

この写真を見るだけでもこの家が、その都度都度でいろいろな職人さんの手によって、
形を代え、補強され、代々伝わってきたお住まいだということがわかります。

●真っ黒に燻された丸太梁
この時代の木材は曲がったり、捻ったりしている木材を、
見えないところで使うことにより予算を落さえていました。
また、昔は囲炉裏から立ち上った煤が、長い時間をかけて梁についた汚れで黒くなっています。

この煤に含まれる油分によって木材の表面を保護する効果もありました。

IMG_1569

○釿(ちょうな)でダイナミックに削られた太鼓梁(ゴロンボ)
この頃の木材は、少しで加工をしやすくするために丸太の状態よりも、
角が立った状態に先に削りだすようになりました。

IMG_1572

ただ、今の時代のように電動ノコギリが合ったわけではないので、
画像の様な道具でできる限り角を立てていました。

6a012875988379970c01348482a045970c-pi

昔はこれしかなかった。
昔はこれが限界だった。

そんな考えの中、
できる限りの知恵を絞って、
できる限りのことをする。

そうやって生きてきた証が、
今の世の中になって改めて注目が集まるようになりました。

町家、古民家、それらを繋ぐ古材。

今の世の中は無機質な鉄やプラスチック製品が多く。

買った新品の常態が一番強度が強く。
買った瞬間が一番性能を発揮します。

生物である木は、はじめは能率があがりませんが成長とともに段々習熟し、
人間と同じように、伐採した後、序々に強度を増していくという特徴があります。

また、古材は自然素材ならではの経年変化による独特の色合いと温もりある風合い、
十分に乾燥されたことによる新材にも勝る強度はあります。

受け継がれ繋がっていく家造りを目指して・・・・・

2月も終わり・・・

2016年2月29日

2月も最終日。
今年はうるう年で29日迄。
本日、誕生日の方は4年に一度のイベントですね。
昔、友人で29日の誕生日で話が盛り上がった事を思い出します。

今日はリノベーションのお仕事を頂いた西京区の現場にて・・・
RC造の建物で立派。
西京区・リノベ (1)

内装の解体を大工衆たちで本日より開始
西京区・リノベ (3)

階段周りも
西京区・リノベ (4)

西京区・リノベ (5)

明日からは解体しながら、廃材を出しながらで大変そう。

個人ネタですが昨日、家で三女を次女がお風呂に・・・
さんぱつ (1)

カナリ嫌そうな様子で・・・
さんぱつ (2)

仕上げはお母さーん・・・
さんぱつ (3)

ぺコ

一番下は他人事で爆睡模様でした。