tel
contact

BLOGブログ

金物屋さんの展示会

2016年10月2日

十月に入っても暑い日が続きますね。

亀岡でいつもお世話になっている金物屋さんの展示会がありました。



建築現場で使ういろいろな物が勢揃いします。
各メーカーさんのブースがあちこちに並んでいます。







その中で、ちょと毛色が違う物がありました。


ATOウッドボイラーという木質系燃料給湯器が展示してありました。一般的なガス給湯器や電気給湯器と同じ様に給湯や床暖房が廃材を燃料にして出来る商品です。








メーカーさんの話しでは亀岡では一般的な家庭の軒先に設置できるコンパクトサイズの給湯器だそうです。

興味のある方は、エーテーオー で検索してみてください。
大工の小西でした。

本棚

2016年10月6日

先日ブログで紹介した本棚の写真です。
お施主様が引っ越されて本が収納されたので改めて紹介します。

IMG_0587

裏側はこんな感じ

IMG_0586

造りつけ家具は通常の家具と異なり、家に合わせたものを作れるのが利点ですが、

この本棚は階段や柱梁と一体になったものでまさにその特徴を活かしてダイナミックな家具になっています。

家も家具も引っ越してお施主様のものが入ると、人なりの特徴が出ることで、

本当の完成のような気がします。

工事中

2016年10月8日

IMG_1640

吉祥院の家

配線・配管工事が完了し、セルロースファイバー断熱材施工の為の不織布張り工事が進んでいます。

ZEH(ゼロエネルギーハウス)仕様での建築となっており、写真に写っている太く白いダクトは今回のお家で採用した全熱交換(これまでは汚れた空気と一緒に排出していた室内の温度を新鮮空気に移して換気の際の熱損失を防ぎ、湿度調整も行える)式の換気システムの配管です。

初期コストはかかるものの冷暖房負荷を抑えられるので省エネルギーで、PM2.5などの空気中の浮遊物も95%程度除去可能なので健康的です。

IMG_1633

こちらは桂徳の家

IMG_1653

大工工事が大詰めを迎えています。 お施主様と打ち合わせを重ねてかたちになった、吹き抜けに隣接したロフト空間。
ロフト床だけ杉の3㎝厚の板を使い、リビングから見ると天井のアクセントにもなっています。
個人的にも好きな素材のひとつで、ロフトなどの直接床に座ったりする空間には肌触りが良く素敵なアイテムです。

これから仕上げ工事が進んでいくのでお化粧をした仕上がりが楽しみです。

小粋な大相撲

2016年10月12日

いつの間にかすっかり涼しくなり、秋の気配を感じる今日この頃です。

我が家は家族で相撲ファン。

201605130107_ex

今年の秋も大相撲京都場所が開催される。
平日開催の為、今回は残念ながら行けません。。。

本場所と違い、握手会やサイン会など催し物もあり、
力士たちもリラックスしているので、すごく楽しめます。
取り組みでの、ぶつかり合いは迫力満点。

一回行けば、相撲の魅力にはまります。

received_823650411063788

安馬時代の現横綱の日馬富士と。。。

預かりもの

2016年10月14日

先日お引き渡しをさせていただいたお客様より、
取付、加工をお願いされたモノ。。。。

BlogPaint

お客様自身で石のプレートの上にアルファベットや数字のオブジェで表札をお造りされた一点モノ。。。。。

そんな表札を完成した新築の外壁に取り付ける為に、
穴をあけてビスを打てるように加工して、
壁に取り付けをしてほしいと言うものでした。

IMG_1177

お受け取りさせていただいた時は写真でもわかるように、
粘板岩のような幾層にも薄い層が重なり出来ているプレートなので、
「穴をあけることが出来るのか」
「穴を空けると欠けるのではないか」
「もし穴がちゃんと開いても、取付の時にビスの圧力で割れないか」
色々な不吉な予感があり、
実際に現場の職人などに意見を求めると、
皆口を揃えて「無理」「難しい」とネガティブな表現。

そう言われると逆に燃えてしまう性分。

ビスが打てる大きさの穴をあけるには4.5mmほどの直系の穴をあける必要がありますが、
いきなり4.5mmの穴をあけてしまうとわれてしまう可能性が大きく、
「ほら、言っただろ」と言わそうな顔が思い浮かぶので、
じっと我慢して、1mm~挑戦。

IMG_1178

ゆっくり慎重に・・・

IMG_1179

思ったよりも簡単にあきました。

ただ、油断は禁物。

そこから1mm刻みで穴を少しずつ拡幅していきます。

IMG_1180

IMG_1181

写真ではわかりにくいですが4.5mmほどの穴を1ヶ所10分ほどかけて空けることが出来ました。

ただ、穴をあけるだけではビスを打った際にビスのサラの部分が、
穴を拡幅しプレートを割る可能性があるので、

BlogPaint

その形に合わせて面取りをします。

フル ページ写真

そうすることで、写真のようにプレートとビス頭のツラをそろえることが出来、
割れを予防することもできます。

IMG_1248

あとは、強く締めすぎることを注意して、
曲がってないか、水平に取り付けできるか、
確認しながら取付します。

1216

1247

無理だとしても一度はトライする。

無謀ではなく経験を積み重ねる。

お預かりさせていただいたお客様には「割れてもいいのでやってみてください。」と言っていただき、
そう言っていただけると何とかやってあげたいとなるもので、
私の悪い癖かもしれないですが断れない性格です。

年齢を重ねるごとに責任が増して、
新たなことに向き合うことが億劫になって行きますが、
若い間に業種や度合いにもよるかもしれませんが、
何事にもトライしていくべきだと改めて思いました。

現美

2016年10月17日

現美とは、、?

新潟に帰省した際にこんなポスターがありました。

IMG_1895

新幹線です。

現美新幹線と言われてるものです。

見た目に惹きつけられ、気になって調べたところ。

なんと、美術館!!

世界最速の芸術鑑賞となっているようです。

要所要所で外観を見てみると、、

IMG_1897
IMG_1896
IMG_1898

インパクトがすごい、、

長岡花火をモチーフにデザインしているようです。

内装は、、、
IMG_1899

IMG_1900

号車ごとに展示しているものが違うようです。

新幹線を美術館に、、

こんな発想力を生み出せるようになりたいものです。

即席テーブル

2016年10月20日

桂坂でマンションのリノベーション工事をしています

住むための場所の意味では戸建ての住宅と違いはありませんが
マンション独特の立地の良さは戸建てにはない魅力でしょうか

IMG_1611

例えばこの景色
玄関から見える風景ですが
工事中の間にも日々紅葉していく様子がうかがえ
季節感が感じられます

今回の内部の工事ですが

ボルダリングのできる遊び心のある意匠壁

IMG_1609

配管などのやり替えが難しいのがマンションの特徴ですが
それを逆手にとって段差をつけて、少しゴージャスに

IMG_1610

設計をする側からすると
内部に集中できるので密度が上がります

IMG_1613

工事中なのでビジュアルが良くありませんが
即興で作った家具です
子供さんがプラレールのアイテムを置く机
押し入れの中で使うものですが・・・

IMG_1614
IMG_1615

テーパーをつけた脚部
薄さでエッジを効かせながら、R加工した天板

なんとなくの机ですが
この中にもデザインの要素が詰まっています
ちなみに当社の大工によるデザイン

素材を変えて商品化をひそかに考えている一品です

模型

2016年10月23日

今年も寒い季節がやってきました。
これから事務所のある嵐山では紅葉シーズンを迎えるとのことで、少し楽しみです。

今作っている模型の話をひとつ。

図面をもとに模型をつくっていくのですが、この場所はなぜこうなっているののだろう、
などなど設計士の意図を考えるきっかけになっています。

模型は、スチレンボードと呼ばれる模型用の厚紙の厚さを考えて模型の型紙を作っていきます。
型紙ができるとそれを印刷し、スチレンボードに仮止めしてカットし、組み立てていきます。

1/50の小さな家が出来てくる為、組み立てていく時少し達成感がでてきます。

模型ができてくるとおおまかな建物の形が見えてきます。
平面では見えてこない部屋への明かりの入り方、屋根の形等、立体的に見ることができます。

DSC_0057

最近では3Dで立体的に見れるソフト等もありますが、光の当て方、質感など誇張して印刷される場合があるので、シンプルな模型は質感等に惑わされずに空間の把握に役立ちます。

作った模型は完成したお家に飾ってあることが多くそれを見つけた時、嬉しい気持ちになります。

紅葉のシーズン・・・

2016年10月26日

10月も残りわずか。
11月に入ればZENの有る嵐山周辺は観光の人々で一杯になります。
紅葉は綺麗で良いのですが、ご来店頂くお客様の駐車場の確保と渋滞で心苦しいシーズンでもあります。
今年も残り2ヶ月肌寒くなって来ておりますが皆様、風邪等ひかない様、ご自愛ください。

今日は、10月にお引き渡しをさせて頂いた宇治のお施主様からのお土産を頂いたお話で。
宇治と言えばコレ。

お土産1

お茶・お団子・サブレ、撮影の終わりと同時に半分は無くなっておりました。
お手紙まで頂き読ませて頂くと・・・
手紙 (1)

手紙 (2)

お会いさせて頂いたのが昨年の秋、お嬢様も大きくなられました。
お施主様に喜んで頂ける家作りのお仕事に携わっていて良かったと思う瞬間です。
ZENスタッフ一同。今後も気を抜く事無く、喜んで頂ける家作りをさせて頂きます。

只今進行中の亀岡の現地。少し前ですが上棟写真
亀岡・三宅 (3)

少し前の嵯峨の上棟です。
嵯峨・梅ノ木町

嵯峨のお家は大きくて大工さんがバテておりました。

秋晴れの上棟

2016年10月28日

先日26日に宇治市の琵琶台で

素晴らしい秋晴れの中大工総勢6人で
上棟をさせていただきました。
前日までにコンクリートの基礎の上に
樹脂で出来たパッキンをひき、檜の土台をナットで固定し、その間に大引を入れ
構成束を立て接着剤とビスでコンクリートの基礎に固定します。
そして水道屋さんが給排水の設備加工をして、材木屋さんが上棟日の午前中に使う為の材木を土台の上に準備します。
それから足場屋さんが先行足場を組み
上棟の日を迎えます。
当日は、快晴でとても幸先の良い着工となりました。順調に作業も進み、午後3時までに破風の取り付けが終わりました。
休憩の時の写真です。
大工にしか見れない棟からの風景をお見せします。


城陽市 向日市 長岡市 京都市 宇治市と
綺麗に見渡せました。
山登りで登頂した時の気分と風景に似ています。とても清々しいものですね。
大工の小西でした。