tel
contact

BLOGブログ

小粋なIKEA

2017年4月5日
上田

先日、IKEAに行って参りました。
季節ごとに色々雑貨が変わるため、
定期的に行きます。
モノづくりに携わる側には
色々アンテナを張るのは忘れてはいけませんよね

20170326_103902

IKEAの家具は持ち帰り、自分で組み立てなければなりません。
大工の私には朝飯前っと言いたいとこですが、以外と苦戦してしまいます。
きちんと完成は出来ますけど。。。

20170326_104144

妻より子供部屋にフックを取り付けてと
要望があり、フック購入。
そのまま取り付けるのも面白くないので、ちょっとアレンジしてみました。

20170405_181649

他にもIKEAの雑貨にプラスαしてオリジナルに変身させる予定です。

あれやこれやとついつい財布のヒモが緩みます。

20170326_104035

色々作るのですが、妻は厳しく
却下されることもありますが
喜んでもらえると、嬉しいです。

2017年4月9日
長尾

今回は鑿について紹介します。

大きく分けると「叩き鑿」と「突き鑿」があります。

IMG_2116

これが叩き鑿

IMG_2246

そしてこれが突き鑿です。

見た目の違いは「カツラ」があるかないかの違い。

IMG_2247

違いとしては金槌で叩いて使うか、そのまま突いて使うか。

主に現場では叩き鑿の方をよく使います。

鑿にも鉋と同じように何種類もあります。

例えば「丸鑿」

IMG_2248

使ったことはほとんどありませんが、、、

他にも、「コテ鑿」

IMG_2249

これも使ったことはありません、、、

鑿一本一本、「太さ」「長さ」「幅」が様々あり使用用途によって使い分けます。

様々な鑿を見て、研いで、使っていきたいです。。

愛宕山

2017年4月11日
近藤

京都の里山の風景は適度に人の力が入り
浅い木々が茂り、明るい風景が多いように思います

自宅から歩いて清滝の風景が広がります

晴れの日も良いのですが、この時期おすすめは雨の風景

IMG_1856

携帯からの撮影ですが
本格的なカメラで撮ると絵になる風景が広がります

ぶらっと歩くと愛宕山の登山道
なんとなく登りました

IMG_1859

IMG_1867

山頂には愛宕神社が鎮座

IMG_1869

修験道の雰囲気が漂います

時間を見つけて気分転換に頻繁に訪れる風景の一つです

基礎

2017年4月15日
山本

花見シーズンも終わり、少しづつですが暖かくなってきました。
嵐山も花見ピーク時より観光客が少なくなった様に感じます。

基礎をうち始めた現場の話を少し

基礎をつくる上で地盤調査を行い、その土地にあった補強を行います。

今回は湿式柱状改良とよばれる方法を使用しました。
湿式柱状改良は、土地の中に固い地盤まで柱を立て、
固い地盤や、土との摩擦力で家を支える補強方法です。

補強が終わると基礎を据える位置に砕石をまき、地盤を固め、

基礎の位置を正確に出すため捨てコンクリートとよばれるコンクリートを打ちます。

その上に基礎の配筋を作っていきます。

IMG_0146

この段階で図面通りでできているかのチェックをしていきます。

建築基準法上で基礎配筋の検査は義務になっています。

この検査で合格すると
次に基礎のベースをうちます。
この時に地鎮祭でお施主様に頂いた鎮め物を入れます。

コンクリートが固まるまで、冬だと5,6日かかるので、よくみる現場かもしれません。

IMG_0199

ベースの上に基礎の立ち上がりを打つため型枠を組み、
コンクリートを流し型枠を外すと基礎が完成します。

IMG_0215

春の嵐

2017年4月18日
中村

最近気温も暖かく過ごしやすい季節がやってきました。
皆様、春休みは如何過ごされて居られましたか?

先週、私も妻と2人で愛宕山に登る計画をしておりましたが朝からポツポツと
小雨が降っておりましたので中止。
お昼前には雨も止み曇り天気でしたが2人でお花見に行く事にしました。
嵐山の桜は毎日見ておりますので違う場所を探してみました。

淀川河川公園背割堤地区の桜、自宅から車で7分、駐車場も有るとの事で
行ってみると少し渋滞気味でしたが意外と待たずに駐車場に入れました。
花見 (1)

綺麗な展望台も有りそこからの全景。
かなり向こうの方にまで桜が咲いておりその距離約1.4キロの桜のトンネルを
お散歩をしてきました。
花見 (2)

一つ問題はお昼過ぎに行ったのですが飲食するお店などが一切ございませんでしたので
皆様、行かれる時はお食事を持ってお出かけください。

可愛い店子

2017年4月21日
小西

八重桜が見頃となりましたね🌸

昨年の店子はカラスに襲われ
巣立ちませんでしたが、
今年こそはと、店子の為に
新築物件を用意してみました。


そしてカラス除けも取り付けました。




ご近所の巣には数日前から帰っている様で、今か今かと店子の帰りを待っていました。
そして、20日に店子が戻って来ました。
どうも新築物件はお気に召さなかった様で、半壊した古巣の手前でお泊りしていました。
まずはオスが下見をしてから後日メスを呼ぶらしいです。
ツバメの奥様の要望通りにリフォームしていくのでしょうか。
どこも奥様のご意見は大事ですね。
卵を抱くのが楽しみです。
又写真が撮れれば報告します。
大工の小西でした。

お引渡しの前に

2017年4月24日
杉本

恒例の社内点検に行ってきました。
お施主さまにお家を引渡すにあたり、不備がないかの最終チェックを
毎回スタッフ総出でおこなっています。

今回は「精華町の家」。ねこちゃんと一緒に暮らす、遊び心たっぷりのお家です。
現在完成見学会を開催中ですので、ご興味のある方はぜひともお問い合わせください。

▼ねこちゃんが登れる違い棚
IMG_0218

▼ねこちゃん用の小窓付きドア
IMG_0194

本題にもどりまして、。 
点検項目をほんの一部ですが紹介します。

■壁紙の境目にコーキングがきちんと施されているか確認します。
IMG_0164
木造建築は特に、時間が経つと木が収縮するので、
コーキングを塗っておくことで、壁紙の継ぎ目の接着度を高め、割れにくくなります。
塗りの甘い箇所が少しでもあれば、このように補充しています。

■造作家具のささくれをのを確認します。
IMG_0216
木材を使用し、大工さんがひとつひとつ作ってくださっているので、
まれにささくれが残っていることがあります。
写真はわかりにくいですが、切断部分が少しささくれています。
IMG_0217
紙やすりで改善。手に触れるところは特に入念にチェックしています。

■クリアバンパーの設置有無を確認します。
IMG_0226
「ナミダ」と呼ぶこともありますが、戸当たり部分につけるクッションのことです。
これがないと扉が壁などにぶつかって大きな音がしたり、壁紙が剥がれたりすることがあります。
画像のものは扉のつまみが当たる部分に透明なバンパーを貼りました。

等々。
上記以外にもたくさんの点を自分たちの目で確認して、ようやくお引渡しの準備が整います。

竹の花

2017年4月28日
石田

桜の季節も終わり、春の過ごしやすい気候が続いていますね。

さて、こちらの写真ですが何を映しているかお判りでしょうか。

IMG_1453

よくわからない緑のイガイガですが、じつはこれ竹の花なんです。

竹の花って咲くの?とお思いでしょうか、咲きます。
種類によって異なりますが、おおよそ60~120年に一度しか咲かないといわれています。

建物見学に行ったときにたまたま見かけました。

竹はイネの仲間で地下茎によって無性生殖による繁殖行います。

つまりタケノコと竹は根っこでつながっているクローンのようなもので

竹林はそれ自体が一個の植物なのです。

そして一つの竹林の命が終わるとき一斉に花を咲かせて種子を残します。

竹の花が咲くとその一帯の竹林はすべて枯れるのです。

一生に一度見られるかどうかの花のようで、偶然先日見ることができました。

IMG_1457

なお今回見た竹ではないですが、日本古来の竹である真竹が次に開花するのは2090年頃といわれています。

新緑の季節

2017年4月30日
花崎

IMG_2954

 まだまだ日が落ちると肌寒いですが昼間は天気が良く気持ちの良い日が多くなってきました。

ゼンの軒先にあるアオダモの木も新緑に彩られ初夏がそこまでやってきている事を感じさせてくれています。

(アオダモは野球のバットの材料としても有名ですが毎年花が咲くわけではないので今年はどうなんだろうとちょっとした楽しみです。)

IMG_2940

 こちらは先日1年点検にお伺いした春日町の家 

少し遅めに咲いた中庭の御殿場桜が散り際で水鉢に花弁が素敵でした。

引っ越しから一年と少しが経ち、造りたて感のあった庭もだいぶ家に馴染んできており成熟に近づいています。

話は大きく変わり昨日から二条城でビール会社のイベントが開催されております。

IMG_5697

IMG_5695

痩せたいのか太りたいのか・・・今日は暖かいので仕事終わりにジョギングを兼ねて参戦してこようと思います。