tel
contact

BLOGブログ

新年

2018年1月4日

あけまして、おめでとうございます。

かなり寒い日が続きます。
年末年始はどこかお出かけされたでしょうか?

私は1泊2日で三重県に旅行にいってきました。
なばなの里は一昨年に続き2回目の参加でしたが、
新鮮な気持ちで楽しめました。

DSC_0685

かなり冷え込み雪が少し降ってましたが、それでも多くの人が参加されていました。

そんなお休みを挟んだ年末年始

ゼンでは新しく基礎を着工した物件が1月中旬の上棟に向けて
進行していっています。

基礎からの大まかな流れでいうと

20171220_055027571_iOS

配筋を組み

立ち上がりを打設して
20171215_020553435_iOS

土台を敷き、上棟日一日で組み上げていきます。
20170914_231415220_iOS

ここまで出来てくると全体像が見えてきます。

平成最後の年が始まりました。
少しでもいいお家に出会えるように願っています。

大改修

2018年1月10日

あけましておめでとうございます。
今年の冬も寒くなりそうですね。
今日の夕方仕事場の西山スタジオから
出ると雪が積もっていました。
9213A100-9E2A-41EC-A91A-207D58AAFF91

車のフロントガラスがガチガチに凍って
いました。

話しは変わりますが、年始に比叡山延暦寺に
お参りして来ました。
その日も京都市内は雪が舞う程度でしたが、
比叡山延暦寺の周りは雪が積もっていました。D48CB5D9-9FAE-4036-B476-DC48D154BE59

279D3F83-BBE3-4311-AE13-B53BED72545B

国宝の根本中堂は大改修中でした。
C9D502D2-0E7E-46E6-92D3-0FF618081097
B31299F3-D03C-45A7-BD52-5DF9F4959D2A

昭和の大改修から60年ぶりの工事で、本堂、廻廊の屋根の葺き替え工事と外装の塗り直しを中心に約10年かけてやるそうです。
参拝は工事中も出来るそうです。
又大改修が終わって美しくなった姿を見に来ないといけないなと思いました。
03668FC9-E459-4EBC-B840-6F89CF72FA4B

大工の小西でした。

明けましておめでとうございます。

2018年1月12日

新年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年の始まりは毎年恒例ですが家族で北野天満宮に行ってきました。
1日は毎年多くの人です。
楽しみは門前に有る、巨大な絵馬・・・
今年は戌年
北野天満宮

綺麗な生け花も・・・
お花

お正月らしいです。
ちなみに今年、私は年男です。(いい年になります様に)

10日には戎神社に参拝。
戎神社 (1)

前列には大きなマグロが奉納してあります。
笹を頂き、今年は東映の女優さんが来られてました。
戎神社 (2)

今年、皆さまにとっても良い年になります様に・・・

書初め

2018年1月13日

平成30年を迎え、早2週間が経とうとしています。

お正月行事のひとつ「書初め」
新春にされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな私の今年の書初めは御幣になりました。

御幣とは、神祭用具の一つで、上棟式をされた方は見覚えがあるかと思います。
御幣には神霊が宿り、示現する依代 として神に供えられた。
今では不浄を祓うために用いられる そうです。

主軸(弊串や幣芯というそう)の裏面にはお施主様の名前、施工会社の名前を
て書くようになってます。
IMG_2068

未熟ながら書かせて頂きました。
IMG_2070

ここへ扇や注連、水引などの飾りを完成です。
IMG_2072

本来書初めは、
若水(元日の朝に初めて汲んだ水、邪気を払うといわれている)で墨を摺り、
新年の恵方の方角に向かって詩歌を書く
という、行事だそうです。
私も幼い頃は、1月2日は里芋の葉についた朝露を集めて摺った墨で書初めをして
15日頃のとんど焼で燃やしたなぁ、なんて思い出しました。

と、いうわけで
皆様 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
幸多き年でありますように。

ローテーブル

2018年1月16日

IMG_1182

先日、ご依頼を受けて制作したローテーブルです。

天板はお家の床材に合わせて、ナラのフローリングで仕上げました。
四方側面に傾斜をつけることで、足の入れられる空間を確保しつつスタイリッシュなデザインにしました。
IMG_1183

IMG_1186

IMG_1184

IMG_1185

家に合わせたオリジナルの家具をデザインできるのもZENの家具の特徴です。

家具製作

2018年1月19日

IMG_4097

ゼンの玄関にブーツ用腰掛&簡易打ち合わせスペース用家具を試作設置しました。

IMG_4094

ゼンにお越しいただく方が必ず通る玄関。
四季折々の変化を感じつつ、家具スタイルの提案&情報発信の場所として更新していきます

IMG_4077

長岡京で先日、今里の家 上棟させて頂きました。

IMG_4083

日程の都合で上棟式は週末にさせて頂く予定。
お施主様に棟の上がった様子見て頂くのが楽しみです。

厳しい寒さが続きます

2018年1月22日

こちらは、内装工事も終わりお引渡し間近の向日市の現場です。

122-1

アクセントクロスが印象的な吹抜け
あいにく日が沈んでいる時間帯でしたが
明るく光が降り注ぐ空間です。

122-2

木張りのアクセントが印象的な外観や軒天など、とても素敵に仕上がっています。

お施主様のご厚意で今週末、翌週と見学会も予定しておりますので
是非脚をお運びいただければと思います。
こちらのページでもご案内しています。

本日はみぞれが降っていて
少し前に貴船の方を散策していたときに雪が積もっていたのを思い出しました。

122-3

122-4

関西は大雪とまではいかずとも冷えこみがぐっと強まりそうです。
寒さへの備えをなさってくださいね。

小粋な受験生の娘

2018年1月23日

25488322-8F51-4B86-850B-3A4484557BF7

毎年正月は北野天満宮へお詣りをします。。
今年は気合い入れて行ってきました。
というのも、我が家には中3の娘がおります。
受験という一大イベントがあり
娘は受験生として学校、塾と毎日元気に何とかこなしているようです。

75E5DA9F-C57F-418A-96E9-8DDB68BEBF26

親として出来る事は何でしょうか?
妻は娘と密なコミュニケーションをとり、栄養ある食事を作り共に頑張っております。

父としては何したらいいのか?
頑張っている妻と娘を見守り、勉強しやすい環境を整えてあげる事。
とにかく普通にしてる事ですね。

そして、家族全員で体調管理。。と思っていた矢先、私が風邪をひいてしまいました。
風邪をうつしたらダメだと、家の中で隔離されている今日この頃です。

5E8E5591-AE76-4911-A664-60D3C08F17E0

先日は気分転換にと美顔フェイスマスクを買って帰ると、喜んでいただけました。
思春期の娘に嫌われないように何とか頑張っております。

4月には娘が笑顔で元気に高校生活をスタート出来る事を願います。

親子間の経済交換

2018年1月28日

最近、親子二世帯同居が少しずつ増えてきているそうです。

ただ、現代の「二世帯」は、従来は親子が同じ棟に住み家計と食事を共にするサザエさんのような完全同居と言う形だけでは無く、昨今では親と子が同じ棟に住んだとしても、食事や家計が分かれている新たな親子二世帯同居のかたちが増えてきていると言う。

戦前の家督相続のような、
親が主導し土地や建物も親が提供し、
家計や食事も共にするケースは上記のように減少傾向にあるそうですが、
その代わり、子供が主導し同居を進めるケースが多くなり、
同居はするが食事や家計を分けることがほとんどだそうです。

この子供が主導し同居するケースを「子供主導型」と言うそうなのですが、
「子供主導型」の導入目的は、やはり親の「看病」や「介護」の為だそうです。

如何にも高齢化社会の現代に沿った同居のスタイルであるが、
「介護」や「看病」と言う要因で、同居をするケースは昔から存在する気がしますが、
最近の流れは少し違うそうです。

一昔前は、子供世帯が建てた家に、
介護などが必要になった親が引越しをするケースが多かったようですが、
最近では、親の介護や面倒をみる役割を、
兄弟間や親と先に話し合いをし、
取り決めをしてから子供世帯が家を建築するそうです。

その際に、親は将来同居する予定の子供には土地などの費用負担をし、
その他の子供達にはマンションなどの購入費を援助するケースもあるそうです。

昔の家督相続のような制度が無くなり、
親の介護等も長男などが絶対見ないといけないと言う世の中では無くなったので、
親子が同居するには誰となぜ住みたいのか等の明確な意思表示が必要となり、
一対の縁組のような考え方がされているそうです。

そう言った流れから、
親世帯は同居への感謝のかたちを表すために土地などの提供や援助をし、
住んでくれた子どもに残すなどの戦略的な均分相続の形が出来つつあるそうです。

家督相続のような制度があった頃より、
親子同居の価値が高まり、戦略的に二世帯を選択することにより、
親と子の相互利害を生み出すことで、
親子間の経済交換が成り立っている。

家具

2018年1月31日

家具を作る際には様々な道具だったり、材料だったりを使用します。

今回、制作した家具の大まかな作り方を紹介します。

まずは、材料の加工。
長さを寸法通りに切断します。

78F4B362-3F61-4705-AEF0-7125748DABAC

次に組み立て。

1262C3D3-3E09-45DD-891B-F539661AFE61

今回はその場で、1段ずつ組み上げていく方法。

今回は、縦板を立てる際には合釘という物を使用しました。
F171F576-B3B1-4CAA-BD82-C2EF5C578631

D497EB69-DE47-46B6-883A-26F766A68BF7

木材の接合に使うもので両端が尖った釘のことを言います。これを打ち込んで、材料を組み合わせます。

F3A92145-703B-4B3F-B7E0-5D226923E25B

AB7123B2-02BC-4F15-8B14-E3071B2DCAE7

これで完成。

作り方は人それぞれです。

その家具の置く位置、大きさなどによって組み立て方は異なります。一番キレイに、一番スムーズに作ることができる方法を考えます。