tel
contact

BLOGブログ

小粋な絵本

2017年3月4日

先日、面白い絵本を見つけました。

絵で見る日本の城づくり。
「大阪城」

20170303_201046

縄張りから、仕上げまでホントに細かく、緻密な建築の絵は圧巻です。。。

20170303_201120

20170303_201155

やはり興味を引いたのは大工さん作業風景のページ。。。

20170303_201206

20170303_201215

20170303_201225

20170303_201254

道具や機械が発達したもののやっていることは今も変わりませんね。

「家って誰が作ったでしょう?」なんて子供に問いかけると
「大工さん!」と答えが帰ってきますが、

とんでもありません。

この絵本からは作業風景はもちろんですが、
たくさんの人々が協力して城を作り上げていく様が描かれています。

現在の家も同じです。。。
たくさんの専門業者さんに協力していただき、
お客様の家を建てさせていただいています。。。
大工の私はそのお客様の夢のお手伝いができることに感謝です。

じっくり読んでみたくなり、購入してしまいました。

事務所に置いていくので、お子さんはもちろん大人も楽しめる絵本ですので、読んで見てください。

さてさて。
大阪城と言えば。。
大阪城の大手門の柱の継手を知っていますか?
地上1メートルのところで、南北を蟻継ぎ、東西を殺ぎ継ぎで根継ぎされています。

unnamed-2

どうやって継いであるのか、話題になりました。。。

作ってみました

20170304_103039

小粋な大工さんだったんでしょうね。
私も小粋な大工に日々精進です。

これも事務所置いておくので、
はずしてみてください。

答えはこんな感じです。

20170304_103111

20170304_103117

本を買いました

2017年6月30日

最近本を購入したので紹介します。

パタン・ランゲージ
 著 クリストファー・アレグザンダー

IMG_4005

著者の提唱した設計理論がぎゅっと詰まった一冊。
取り上げられた都市や建築に関わる253のパタンは
「著者の洞察と研究と実験から抽出された環境成分の原型であり、真理でもある。ー」
(訳者あとがき引用)

学生時代、部活でこの本を存在を知ってからずっと手元に置きたいと思っていたもの。
この度とうとう購入しました。

中身は、デザインのあらゆる問題に対する解答を253の項目に整理されており、
一種の辞書のように索引から自分が目論むパタンを見つけ、
考え方のヒントが得られるような構成です。

私が購入したものは日本語訳されているものなので、
訳す間に削り落とされてしまった事柄もあると教えていただき、非常に残念ですが
少し落ち着いたらじっくり読みます。

構造デザイン講義
 著 内藤廣

IMG_4006

著者が東京大学で実際におこなった講義内容の集成だそうで、
ゼンの先輩に教えていただいた本です。
学生の頃、この本の内容を主体とした講義があったのですが、
個人的には4年間の中で一番興味深い講義でした。
こちらも落ち着いたら読みます。。

内藤廣つながりで、
2ヶ月ほど前ですが、安曇野ちひろ美術館に行ってきました。
絵本作家いわさきちひろの美術館です。
FullSizeRender 3

構造は鉄筋コンクリートだそうですが、天井の連なった登り梁が印象的です。
唐松を使っているそうで、カーブしているところはデザインではなく構造体だそうす。
FullSizeRender 2

ここでも本を買いました。いわさきちひろの絵本です。
おすすめです。
IMG_4004

小粋な読書の秋

2017年10月18日

すっかり秋の空、風、空気、光を感じる今日この頃です。
雨の日が多く続きます。

読書の秋です。

昔買った本を読み直ししてみようと本棚から数冊取り出し楽しんでいます。
大工の技術と並行して、知識も欲しがっていた修行時代。。。。
時々読み返して、気がつくことや感じることがあります。

また読み返したくなった今年の秋の今日この頃です。

IMG_1796

京都滋賀の注文住宅。

2012年6月28日

皆様梅雨なのに雨が降りそうで降らない日々をどうお過ごしでしょうか?

私はもっぱら子供と一緒にプラレールを並べては、
恐竜が現れ、すべてを破壊していくと言う無限ループに捕まっております。。。。

さて、今回のブログのテーマですが、表題にもあります通り、雑誌「京都滋賀の注文住宅」が発売されました事を記念し、
その中で掲載されている、当社施行のお住まいをご紹介させていただきます。

rikuluto

まずは、嵐山のT様邸です。

120408_ZEN_012

こちらのお住まいは、お施主様の性格が全面に出た明るいお住まいとなっているのが特徴で、
建ぺい率や容積率、その他条例などに苦戦したのですが、
縦横のつながりや、窓の配置、玄関の位置などで出来るだけ空間を広くとれるよう工夫されています。

120408_ZEN_016

120408_ZEN_004

120408_ZEN_011

洗面所やカップボード、TVボード等の造作家具にも統一感があり、
まとまりと遊び心のある魅力的なお住まいとなっております。

もう一軒は、常盤のK様邸です。

120207-001

こちらは外観もオシャレな雰囲気を醸し出していますが、
想像を超えた内装も魅力です。

IMG_9043

120207-025

IMG_9171

こちらのお宅は目線や家事動線、収納力が魅力的で、
ゼンスタイルの代名詞でもある床下収納や、アクリル床、シュロ縄等、
こちらのお住まいに勉強させていただいた要素がたくさんあります。

120207-022

当社には上記の二件のお住まい以外にも魅力的なお住まいがたくさんあり、
お客様の性格や生活スタイルに合った、
世の中で一件しかないオンリーワンの家をご提案させていただいております。

最近の巷では、セミオーダー式(プラン提案)の注文住宅が増えている中、
当社の無限の可能性を秘めた完全注文住宅を是非ご覧ください。

ジョジョ

2011年8月25日

私事ですが・・・

マンガの「ジョジョの奇妙な冒険」が好きで、全巻持ってます!!

と、言いたいと所なんですけどパート5までは、全巻持ってます。
なので、読んでるところまでしか知らないのですが

絵が独特で、好きな人と嫌いな人とはっきり分かれる感じなのですが
私は、デザイン性が強く好きです
話も面白いです。
話すと長くなってしまうので、割愛しますが
今回何を言いたかったかというと、「SPUR(シュプール)」という
ファッション雑誌の表紙が、その漫画家の絵になっているのです。
驚き!!

61PdhIQmoFL__SX230_

ファッション雑誌は、きれいなモデルさんが多いのに、
「グッチの服を着たきれいな女性の絵」なんです

おもしろいですよね。
普段、買わない雑誌ですが、思わず買ってしまいました。

中には、ジョジョの登場人物が出演しているマンガの読み切りが入っています。

普段、買っておられる人たちは、きっとジョジョを知らない人が
多いと思われるので、意味が伝わるか不安・・・

何より、グッチとコラボをしているのがすごいですね

砂漠

2011年10月30日

伊坂幸太郎さん著の「砂漠」を読みました。

大学に入学し、出会った5人の男女グループの話なのですが。
なかなか奇妙であったり、衝撃的な場面もあったり、
みなさんが学生時代に感じていた社会への不安感であったり、
それでも前に突き進んでいく・・・・・・

と、いった感じの話だったのですが。

その中で、主人公の彼女が「社会」のことを「砂漠」でたとえている場面があります。
「彼女」は、大学生ではなく働いているのですが。

今まで、学校で生活をしてきて、言うと、レールの上で生活をしていた中で、
急に、社会に出ても右も左もわからない。
「砂漠」の中に、ポンっと立たされた感覚だというのです。

なるほど~・・・そうだな。

私は、彼女に同感してしまいました。
確かに、会社に入社して、先輩や上司がいてモノを教えてもらう事は出来るのですが、
わからないことがわからないと最初はよく思ったものです。

大人って、自分で判断し決断して、失敗をしても自分に責任があるのだと。

と、気付いたのは、いつ頃だったでしょうか。

私は、すごく本を読む方ではないのですが、
伊坂幸太郎さんは「オーデュボンの祈り」を読んではまってしまいました

機会があれば、ぜひ、読んでみてください