tel
contact

BLOGブログ

木を知る

2015年3月3日

皆さんは木の事をどこまで知っていますか?

今の季節は梅の木が花を咲かせる季節になってきて、
もうすぐ桜も花を咲かせることでしょう。

そんな一般の方にも馴染みが持ちやすい見て楽しむ木々もあれば、
花粉症の方などの天敵でもある杉やヒノキなどの切り倒して初めて価値が出てくる木々もあります。

ダウンロード

ダウンロード (1)

現代の木造住宅のほとんどは集成材などの安定した品質の材料で、
建築基準法に添った構造計算で、
木々を繋ぐ金物でがちがちにした期待以上の性能も望まず、
その代わり安定した品質で安定した商品をご提供できるような法律の内容になっております。

cornersetugou1

この現代社会の流れの中では、いろいろな種類の木々の性質を知ることや、
木組みのやり方などを追求する価値が昔より低くなっている気がします。

ですが、できれば今後、家を建てられる方やリフォームをされる方など、
いろいろな方に木について考えていただきたいと思っております。

なので、木の特徴やその木を使った製品をご紹介したいと思っているのですが、
その第一弾として、家に住んでいて一番身近な木が床です。

立っていても、座っていてもいつも足元には床があり、木があります。

そんな床材はいろいろな種類があり、
好みの数だけ種類が豊富で、
安価なところでメジャーどころでいけばパインなどが有名です。

ダウンロード (2)

このパインは日本では松の木のことで、柔らかい材質なので、
加工がしやすく、床としても足ざわりがやさしいのが特徴です。
ただ、反面傷などが付きやすいデメリットもあります。

また、高価なメジャーどころでいけばウォールナットなどが有名で、

s-_MG_5843

クルミ科の広葉樹だそうで、滲んだ墨絵のような雰囲気があり、
この独特な深みのある色合いが、家具・楽器・彫刻など装飾性の高い多様な用途が特徴です。

デメリットとしては、色合いが濃いので、
ホコリなどの汚れは目立ちやすいです。

そして、あまり目にする機会が少ないかと思いますが、
バンブー(竹)の床材などもあります。

take01

木造と一言で言ってもいろいろな木があり、
その木一つ一つに歴史があります。

その木を使わせてもらうものとして、
その木の特徴を最大限引き出せるようになりたいと思っております。

2月半場・・・

2017年2月18日

今年に入り寒暖差が激しくて皆様、体調いかがでしょうか?
私の次女は先週にインフルエンザにかかっておりました。
流行っているみたいなのでお気を付け下さい。
今日は毎日、車で走っております近くの現場から。
渡月橋 (1)

大堰川の河川工事、かなり大規模で川の流れを変えての工事。
渡月橋 (2)

ダンプカーが小さく見えますが実物はかなり大きいです。(スケール感が・・・)
渡月橋も小さく見えます。
渡月橋 (3)

昔はこの場所で良く水遊びをして遊んでおりました。

現場の写真を少し。
事務所にほど近いリフォームの解体現場から。
嵯峨リフォーム (1)

古い壁を剥がして
天井も
嵯峨リフォーム (2)

スケルトン状態。
2月末には工事完了です。
後、宇治市の現地より上棟写真
宇治・上棟

先週末に上棟予定でしたが雪の予報の為、今週の月曜日に上棟でした。

2017年の住宅設備

2017年3月7日

2017年も3月に入り、
日本でも2017年の住宅産業がどのようになって行くのか、
予測が多く書籍にも掲載されております。

その中でも個人的にすごく関心を引いたのがテスラです。

もともと、個人的には家電やAVなどの電化製品にはすごく興味があり、
どんなアイディアが詰まった商品なのか、どんなことが出来るのか、
今までの生活がこの家電によってどう変わるのか。

そう言った想像、、、ほぼ妄想をするのが一種の特技でした。

そんな自分にとって上記のテスラと言う名前はすごく興味があり、
テスラと言う名前が住宅業界の雑誌に掲載されていただけでも、
少し贔屓目に見てしまいますが、内容にもすごく興味がわいてきました。

yjimage2GDTT7PY

そもそもテスラとは、アメリカの自動車会社で、
一切排気ガスを排出しないゼロエミッション乗用車を販売、開発する会社で、
その発想や構想などが革新的で2016年に一番注目された自動車会社と言っても過言ではありませんでした。

そんな電気自動車を開発、販売している会社が、
「エネルギー革新企業」へと舵を切ると宣言したのです。

そして、発表したのが、
「パワーウォール」と「ソーラールーフ」。

「パワーウォール」は、一言で言うと蓄電池。

ただ、普通の蓄電池では当然ありません。

パワーウォール

蓄電池とは名前の通り、
電気を貯めることが出来る装置で、
昼間に太陽光などで発電した電気を夜使うことが出来、
蓄電池や太陽光の容量次第では、
オフグリット(電力会社の送電網に頼らない)生活が出来るようになります。

そして、この「パワーウォール」で今までの蓄電池と違い、
驚くべきところは価格です。

この「パワーウォール」は本体価格が1基61万7千円なのですが、
この金額だけを見ると高く感じられる方も大勢おられるのではないかと思います。

ですが、この「パワーウォール」がどれぐらい安いかと言うと、
参考までに日本製の蓄電池システムが容量11.2kWh(パワーウォール2は13.5kWh)で価格が298万円となっているのに対し、「パワーウォール」はその約1/5という価格で導入が可能です。

そして、もう一つが「ソーラールーフ」。

こちらは、名前の通り太陽光発電装置です。

ただ、こちらも普通の太陽光ではなく、
見た目から革新的です。

ソーラールーフ2

ソーラールーフ

写真のように、今までのソーラーとは全く違い、
ほとんどソーラーだとは気付かない見た目となっております。

なので、京都市内は特に風致地区などの規制があり、
屋根の種類や色味の指定があり、
そういった地域では乗せられるソーラーの種類が限定的になり、
選択肢がなかった地域では今後より可能性が広がる予想が出来ます。

また、今までの標準的な屋根材は、耐久年数や見た目などのデザイン的な要素、
そして、重量などの耐震性から決めることが多かったが、
この「ソーラールーフ」は屋根一体型なので、見た目やデザインなどはもちろん、
耐久年数も石英ガラスで作られているので、
アスファルトタイルよりも長期間の使用出来る予定で、少なくとも2から3倍の寿命が期待できると言う事だそうです。

このように、今までありそうでなかった商品を続々と製品化して、
世の中に名を広める「テスラ」。

住宅業界にも省エネを求められる時代で、
太陽光、断熱性能などここ数年で多様な面で変化が起こっている業界に、
一石を投じることが出来るのでしょうか。

個人的にはすごく興味を持って経過を見ていきたいと思っております。

エコカー

2013年11月25日

エコとは環境にやさしいと言うのが根本だと思いますが、
聞くところによるとエコカーなどを作るときに、
通常よりも二酸化炭素を多く排出していると聞きます。

そんな根本的なところは、私達、一般の消費者では、
通常生活を過ごすだけでは真相を知りえる術がありません。

だからと言って、知らんぷりをすることもどうかと思います・・・・

先日、開催された東京モーターショーで発表された、
FCVって皆さんご存知ですか?

photo_01

今市場に出回っている車の大半はガソリンを燃料にして走行しています。

そして、ここ数年ではEVと言う電気自動車も市場に発売され、
一般の消費者でも購入して、乗ることが出来るようになりました。

また、日本ではHV(ハイブリッド)も以前から出回ってましたが、
今回の東京モーターショーでは、以前からディーゼルエンジンが主流で、
そのディーゼルエンジンの排気ガスをきれいにしたクリーンディーゼルがエコカーとして、
注目を集めていた欧米諸国のメーカーも(PHV)プラグインハイブリッドなどを発表し、
これからの時代、HV、PHVは当たり前だと言う時代になってきました。

ただ、今までHVの代名詞でもあったTOYOTAが発表した車は、
そのPHVの先を行き、EVとは全く違う、FCVと言う車でした。

このFCVと言うのは水素を燃料とし、
車には高圧水素タンクを取り付け、
空気中の酸素と反応させて、電気を発生させ、
その電気で車を動かすと言うものです。

電気でモーターを動かして走行すると言うのは、
HVやEVも同じだったのですが、
電池を充電する時間がすごく長かったのですが、
FCVは水素を供給する時間が今までのガソリン車とあまり差が無いので、
そういった点でもEVよりも優れていると言われています。

また、このFCVは、中学校の頃に習った化学式の代表例、
imagesCARLDAJH

なので、FCVは水しか排出されないので、
究極のエコカーに近いと言うわれています。

ただ、究極のエコカーにも問題があり、
水素を供給するステーションをどうするかと言う問題です。

EVも同じく電池を充電する場所をどうするかと言う点で、
問題がありましたが、インフラ整備的にすでに電気は日本全国張り巡らされているので、
充電には時間がかかるが家でも充電することが出来たので、大きな問題ではありませんでした。

ただFCVは水素を供給するのに、
どういう手段を取るかが問題になっています。

ガソリンなどのようにスタンドを設けると言うのが一番だと思いますが、
スタンドまで運搬するのに気体のままだと体積が大きいため、
液体にした方が効率いいので液体にしたいのですが、
液体にするためには、マイナス260℃ぐらいに冷やさないといけません。

この水素を液体にすると言う作業自体も簡単ではないので、
一番初めにお話しした通り、結局この作業があるが為に、
エコではなくなってしまうのかも知れませんね。

京都 注文住宅 施工会社 HOUSE ZEN

天気のこと

2014年8月24日

全国的に大雨のニュースが多いですね。

渡月橋付近でも桂川が氾濫寸前でした。

近年、天気のニュースでよく耳にするようになった単語といえば

ゲリラ豪雨ですね。

強い上昇気流によって急速に雨雲が発達し、局所的に大雨を降らすといったものです。

それに伴い発生するのが雷です。

img20110913

電子機器に影響をもたらしたり、直接打たれれば死に至ることもある雷ですが、

子供のころ、「雷様におへそをもっていかれる」といったことを言われませんでしたでしょうか?

私はそんな脅しに、

「持っていかれるわけないやん。むしろ特に使ってへんから別に持っていかれてもいいし(笑)」

なんて可愛げのないことを思う子供でした。

しかしこの迷信?は先人たちが経験的に培った知恵でもあるのです。

子供にこの迷信を信じさせる理由は2つあります。

ひとつは雷は高いところに落ちるため、おへそを抱え込む体勢は体を低くし

雷から身を守ることができるということです。

もうひとつは雷が発生するような急速に発達する雨雲の多くは寒冷前線によって作られるからです。

暖気に寒気がぶつかることで発生する寒冷前線が通過すると、

急速に気温が下がるために、おなかを壊してしまうおそれがあります。

特に現代ほど医療技術が発達していない時代では、子供は風邪をこじらせただけで

生命にかかわることが多かったのです。

以上の理由から子供を戒めるときの脅し文句として使われるようになった

ということです。(諸説あります)

このように一見迷信に思えることでも先人の知恵やユーモアがあったり

あながち馬鹿に出来ないものですね。

みなさま、雷が鳴り響くと、おへそをとられますのでしっかり隠すようにしましょう。