tel
contact

BLOGブログ

二条城

2019年8月18日
山本

夏になり夜のイベントが増えてきました。   二条城のライトアップに参加してきました。   二条城といえば徳川家康が京都の宿所として造営した事と 大政奉還で有名です。       鎌倉時代から…続きを読む

陰影

2019年7月7日
花崎

ゼンの事務所からも歩いてすぐの位置で建築中の飲食店が完成間近です。 丸太町通りに面した北面からの自然光による陰影を活かすデザイン     無機質な空間の中に木製ベンチと傾斜梁 時を重ね使い込むほど味が出る ゼンらしく職人…続きを読む

床材

2019年5月23日
山本

床に使用する材料にはいろいろな種類があります。 フローリング、クッションフロア、タイル、コルク、カーペット、石など   お部屋の用途や、雰囲気によって選ぶことが大切です。   フローリング材の中でも沢山の種類があります。…続きを読む

花崎

平成も幕を閉じ、令和という新しい時代が始まりました。 必然と令和元年竣工となる事になった建築中の若宮町の家 2.3階の住宅部分の大工工事が大詰めです 中3階部分から2階の見下げ   2階から中3階の見上げ ひとつも同じ家はありませ…続きを読む

影をつくる

2019年3月29日
花崎

  間接照明の光は直接照明に比べて暗くは感じますが、リラックス効果があり、リビングや寝室などの空間にくつろぎを演出してくれます。   日本では照明はシーリングライトなど直接照明が主流ではありますが、同じ空間でも天井に照明…続きを読む

無垢の床材

2019年3月24日
石田

日本の住宅は靴を玄関で脱いで屋内は土足ではなく裸足やスリッパで過ごすことが一般的です。 そのような生活様式の上では床材は建物の中で最も体に接している部分ですので身体的な快適性、つまり心地よさに最も直結する部分と言えるかもしれません。 現在床…続きを読む

ステンドグラス

2019年2月18日
花崎

開口部からの光とそれが生み出す影は建築において常に人の心理に大きな影響を与えます。 その中でもステンドグラスを透過した陽の光はまた格別な印象です。   ステンドグラスの起源は明確には分かっていませんが、凡そ1500年前には存在して…続きを読む

チャイルドゲート

2015年2月1日
石田

事務所二階の階段の前です。 小さなお子さんが落ちてしまわないようにチャイルドゲートを作りました。 閉めるとこんな感じ 鍵もついています。 ここの事務所ができて2年半ほどですが、天井の色を変えたり、階段に桟を取り付けたり・・・ 少しずつ改装し…続きを読む

素朴さ

2015年4月14日
石田

現場用の写真を整理していると、一昨年建てた倉庫の完成直後の写真がでてきました。 コスト重視。屋根と床と壁をいかに安いコストで作るかといった本当に必要最小限の建物です。 でも私には案外かっこよく見えるのです。 なにも足さない、なにも引かない。…続きを読む

巣箱

2015年4月19日
近藤

比較的市街地においても小鳥と触れ合うことができますよ 「巣箱」 です 巣箱は鳥の家ではなく、人間の世界で言えば あかちゃんを育てる 「ゆりかご」 みたいな物です しかし巣箱を子育てに使う鳥は意外と限定されていて 一般的には、スズメ(かわいい…続きを読む

現状のまま

2015年5月18日
近藤

住宅の建て替えの場合には 既存の敷地条件を生かす設計が大切です 樹木などはむやみに伐採せずに上手に建物に取り込む 敷地に傾斜がついている場合は無理に盛り土をせずに床にステップをつける 見晴らしの良い場所についてはその部分に大きな窓を設ける …続きを読む

中村

夏本番・・・ 今回は右京区、西京区、向日市エリアの現地報告。 北区、左京区、伏見区の現場も完成に近く 次の上棟準備の現場も慌ただしく進んでおります。 右京区の宇多野の現場より 基礎の立ち上がりの工事まで進んでおります。 8月初旬に上棟予定で…続きを読む

職人

2015年8月9日
名和

工事中のお住まいを見ている時、 ふっと、目に留まったモノがありました。 ぱっとした見た目は木板の壁。 でも私が、伝えたかったのは、 その周りについている縁の木です。 角をよく見ると縦の木と横の木が斜めになっているのがお分かり頂けるかと思いま…続きを読む

格子の夜景

2015年8月18日
石田

先日引き渡しをした伏見区の物件です。 木の格子から光が漏れて軒天の木が照らされています。 格子の間隔、厚み、照明の高さなどなど 設計段階で何パターンも検討を重ねて光をデザインしました。 夜は照明の良し悪しで表情が大きく変わるので、重要なポイ…続きを読む

ニッチ

2015年9月20日
石田

伏見区の物件の写真です。 キッチン前のニッチですが、角までへこみが繋がったデザインにしています。 縦に大きいほうは雑誌や新聞を置いて、横に長いほうは小物を飾れるようにしてあります。 背面にはタイルを貼って奥行き感・立体感が出るようにし、 角…続きを読む

階段

2015年10月5日
石田

二つの階段の写真です。 同じような階段のカタチですが、違いはなんでしょうか。 正解は、 上の写真は普通の階段 下の写真はスリット階段です。 下階の照明が影になってきれいな模様のようになっていますね。 スリット階段はリビングなど空間に階段を取…続きを読む

光の入り方

2015年11月4日
石田

模型の使い方は様々あります。 主には、図面ではわかりにくい立体的な空間の確認ですが、 光の入り方の確認・検討にも有効なツールです。 次の写真は朝方から夕方にかけての光の移ろいです。 光の量やその分布を整えるため、窓の位置・大きさを微調整しま…続きを読む

名和

製材された木材にも上下の向きがあります。 この写真は、おそらく天地正しく置かれているのですが、 上や下の見分け方は分かりますか? 見分けるコツは節にあります。 写真の矢印の通り、 この節は向かって右斜め上に伸びております。 節は枝の根元で、…続きを読む

木造の可能性

2016年1月20日
石田

先日見学に行った建物、 島根県出雲市にある出雲ドームの写真です。 野球などスポーツやコンサートなどに使われている施設なのですが 実はこの屋根、木造で作られています。 集成材で作られた軸材を鋼製のワイヤーで引張することによって屋根を構成してい…続きを読む

花崎

上高野の家引越し間近 社内検査も完了。今週末にはお客様のご厚意で見学会をさせていただいております。 こちらは向日市の改修現場 床の下地工事中 元からあった構造の羽根木(シーソーのように力を伝達している部材)が空間にリズムを与えて素敵です  …続きを読む

menu
tel
contact