• かわいくデザインされた外観

  • 夜の外観

  • スクエアとアールの対比が印象的

  • 家族の絆を形に

  • カントリー調のリビング・ダイニング

  • 吹抜から見下ろしたリビング

  • 小上がりのリビングで空間にメリハリを

  • 空間を立体的に使う上部収納

  • 玄関にはスリット階段を設け広さを確保

  • 壁厚を活かしたニッチ手洗い

  • 洗面カウンターに引き出し収納をプラス

  • ガラスタイルでカラーをプラス

  • 照明を少し変えるだけで違った空間に

ストーブのある家

狭小地に建つシンプルな中にもこだわりのつまった住宅。家族の気配が常に感じられるように計画したコンパクトな空間が生活のしやすさを提供してくれます。洗練された空間だけを残した立体空間ハウスです。

場所 京都市西京区 規模 2階建・ロフト付
構造 木造 施工面積 102.06㎡
敷地面積 69.49㎡ 家族構成 夫婦・子供2人
一覧に戻る