• 漆喰とフラットバーで表現した表札

  • 太格子によるファサード

  • スリットから溢れる光が印象的

  • キッチンからの風景

  • リビングから畳スペース。桧の背丈柱が印象的

  • ホールに設けられたファミリーコーナー

  • リビングからの光を伝える建築手法

  • ゼブラウッドの木製パネル

  • カラフル × モザイク = 視覚(四角)が大事です

  • 目隠し塀と植栽で解放感を

  • 造作笠木。溝を掘る位置、太さ、深さすべて理由があります

  • ウォークインのシューズクローク

  • 海洋照明が誘導するアプローチ

  • 玄関の腰掛スペース。天然木+スウェードクッション

桧としっくい表札

アプローチに桧の列柱を配置した印象的なファサード。家と家族の生活がイメージできる一体感に注目してください、桧の大黒柱などオリジナルテイストたっぷりの一邸です。

場所 京都市西京区 規模 2階建・天収付
構造 木造 施工面積 144.45㎡
敷地面積 143.50㎡ 家族構成 夫婦・子供3人
一覧に戻る