• アルミのトップレールで水平ラインを強調

  • 見せ梁で空間にアクセント

  • キッチンからの眺め

  • 地窓を設けた畳ルーム

  • 玄関から客間へ。リビングを介さない動線

  • DIYにチャレンジ

  • 造作ならではの空間利用

  • ロートアイアンの取手

  • 娘さんの手作りオブジェ

自分達流に住む

コンパクトな空間に、家族の様子を身近に感じることが出来るように部屋を配置。キッチンにはお気に入りの造作食器棚をベースに、視線の広がりが感じられるように配慮しました。

場所 京都市右京区 規模 2階建・天収付
構造 木造 施工面積 112.33㎡
敷地面積 76.49㎡ 家族構成 夫婦・子供
一覧に戻る