• 木をふんだんに使用したファサード

  • 敷石を玄関アプローチに使用

  • 木の表情を楽しめる玄関。ログラックがマッチしています

  • キッチンからの眺め

  • 薪ストーブを軸に設計されたLDK

  • パントリーを併設した造作のカップボード

  • セミクローズのワークスペース

  • 吹き抜けに面した寝室

  • 書籍コーナー

  • 清潔感のあるサニタリールーム

  • 造作の埋込ポスト。屋根付き

柿渋塀のある家

夏涼しく冬暖かく。敷地の立地条件を生かしながらパッシブに暮らすことの贅沢さを体感させてくれるお家です。外壁は杉の荒板とカラーモルタルで仕上げ、経年変化を楽しむ。住み手のセンスの良さが素直に伺えます。

場所 京都市右京区 規模 2階建
構造 木造 施工面積 97.20㎡
敷地面積 179.22㎡ 家族構成 夫婦・子供
一覧に戻る