tel
contact

BLOGブログ

中間検査

2018年5月17日
山本

中間検査
阪神淡路大震災を機に建築物の安全性向上のために1999年に導入された制度です。

中間検査に合格しない限りそれより先の工程の工事がストップします。

中間検査を受ける場合、
特定行政庁が指定した特定工程の工事を完了した日から4日以内に、
建築主事に「中間検査」を申し出る必要があります。

特定工程とは京都府、京都市、宇治市等で特定行政庁によって若干の差があるものの、
木造住宅では、ほぼ変わらず
木造の土台、柱、梁及び筋かいを
を金物等により接合する工事、

耐力壁の設置工事

が終わったタイミングで申請します。

IMG_0284

中間検査では建築確認申請で申請された建築物を
その計画通りに工事しているか現地で確認していきます。

IMG_0403

施工の品質そのものをチェックしてくれる訳ではないですが、
審査機関の目が入る事は良い事だと思います。