tel
contact

BLOGブログ

小粋な解体

2018年6月6日
上田

解体作業。。。

B798FBF3-83EE-43C2-B410-17C2DDF0E520

DA854996-F63D-447B-89E3-AA88A7A97A98

92D5AEAB-0A90-45DB-8E7F-078942B6AEBF

改修する際、解体業者の応援を呼ぶこともありますが、基本的には大工自ら解体をします。
残す部分と解体する部分の取り合いは慎重にしなければなりません。
使える材料や、やり直した方がいい材料などを瞬時に判断していくのも解体作業の経験が必要です。
他にも解体作業をしているといろいろ勉強になることがあります。

F5B22297-93AA-477F-888B-720AF9D6B887

古民家を改修する際は、今では見かけない継手や仕口などの仕組みを学ぶことができ、その部分をそのまま生け捕りしたりしています。

CB59319F-2241-40F3-B14C-FA60411C301F

釘やビスなどの金物関係である程度の時代がわかるのも面白いです。
施工された大工さんの仕事を見ることができるので、若手にもいい勉強になる作業です。

本当に解体からはいろいろなことが学べるのですが、
日頃使わない筋肉を使うのでクタクタです。