tel
contact

BLOGブログ

増築工事

2018年6月16日
近藤

右京区で増築工事をしています

通常、増築工事を行う場合は増築後の建物の大きさが建築基準法に合致しているかを検討して、必要に応じて行政に申請をしていきます。

図面の作成や申請業務などに特別なスキルは求められませんが、現場では的確な判断が求められます

今回は築10年程度の住宅の一部に平屋建てを増築する工事でそんなに難しい工事ではありませんが侮ってはなりません

構造の一体化、設備の一元化、接続部の雨水処理などなど配慮しないといけない情報はきりがありません、そんな中でベターな方法を選択して工事を進めていきます

奥が既存の部分、手前が増築部分。

無理矢理最新の方法で施工しても建物が嫌がります、上手に折り合いをつけながら施工方法を選択していく。

個人的には新築より増築に奥深い魅力を感じます。