tel
contact

BLOGブログ

捨てコン

2018年6月18日
山本

ハウスゼンで新しい物件が着工しました。

 

地鎮祭も終わり

 

地盤調査から

その土地に対応する地盤補強対策を行い

基礎を作り始める下準備を行います。

 

家の高さを設定し、

いよいよ基礎を着工していきます。

 

砕石をまき、

捨てコンと呼ばれる

その名の通り、建物の強度と直接関係無いコンクリートを打ちます。

ただこの捨てコンですが、

重要な役割があります。

 

このコンクリートに

工事の基準となる線を引いていきます。

この線が目印になっていきます。

まっすぐ家を建てる上でとても必要な事です。

 

その他の役割として

基礎を作って行く上で、引っ張りに強い鉄筋を組んでいきますが、

長い年月で考えた時

コンクリートにひび割れがあった際、空気と水が鉄筋に触れる事で、

鉄筋が錆びやすい→耐久性が下がる

に繋がります。

 

その為建築基準法で、コンクリートの端から鉄筋までの最小距離が決まっています。

 

土と接している部分も同じように鉄筋の離隔距離を取る為、

スペーサーと呼ばれる

被り厚さ確保の為の材を捨てコンと鉄筋の間に入れます。

 

捨てコンが無ければ満足にスペーサーを入れていくことも難しくなります。

 

強度に直接関係ないかもしれませんが、

とても重要な役割がある捨てコン

 

どこかの現場でまた一度ご覧になってください。