石田 大喜
資格:一級建築士 宅地建物取引主士
入社:平成25年4月
休みの日はどんなことをしていますか?
休日はその日の気分にまかせて行動します。
しかし一度やり始めるとどれだけでも同じことをしていられる性格で、
なんとなく麻雀牌で積み木を始めた時はそれで一日を費やしてしまったこともあります。

趣味はクラシック鑑賞で高校の時に吹奏楽をしていたことが影響しています。
たまに河原に楽器を吹きに行くことがあるのですが、
川辺の風に吹かれながらの演奏するのは最高に気持ちがいいものです。
ZENで働きたいと思った理由は?
「モノの時代は終わった。」私が学生の頃、建築学科の先生がよく口にしていた言葉です。
機械で大量生産されるものではなく手仕事が再評価されるようになった昨今。
設計士として、ものづくりに携わる人間として「人の魅力」の感じる仕事がしたい。
そう思ってこの会社に入りました。

熟練の職人がその技術で人を感動させるように、
私もそのような仕事のできる設計士を日々目指しています。
この仕事を選んでよかったと思うことは?
自分の1つの仕事をやりきったとき、たとえば役所への申請業務や建物が完成したときなど、
その仕事がお客さんの満足につながってくれたときはやりがいを感じます。

もちろん自分がかかわる業務は家づくりの中では一部ですが、
目の前に仕事の成果があらわれるのはものづくりの仕事ならではだと思います
仕事の苦労話を聞かせてください。
ものづくりで最も重要なことの一つはコミュニケーションです。
お客様を始め現場の職人さんとの良好なコミュニケーションができていないと、
「思っていたのと違う」「聞いていたのと違う」ということになりかねないのです。

一言でコミュニケーションと言っても100%意思を伝えることが難しいのが大変なところです。
日々相手方の反応に注意しながら話し方や伝え方を工夫する努力をしています。
地域で「これだけは負けたくない!」ということはありますか?
誰にも負けないと自信をもって言えるのは、ひたむきさです。
もちろん失敗もすることもありますが、一生懸命ひたむきに取り組むことは
足りないものを補い、能力の限界を超えられることができる。

私はそう信じています。
「将来ZENでこんなことをしたい」という夢を語ってください。
私はこの会社でしかできない家づくりがあると思います。
それは私たちの理想であり目標でもありますが、そんな私たちの理想が1家族でも多く、
一人でも多くのお客様に提供できるようにしたいです。

その中で自分の成長や会社の成長とその理想。
それぞれがリンクしていくような仕事をしていこうと思います。