杉本 優奈
木造建築士
休みの日はどんなことをしていますか?
たびたびギャラリーや美術館に行きます。
彫刻だったり映像だったりとジャンルは様々ですが、
美しいと感じられるものごとにふれる時間に、とても価値を感じます。

同じ理由で、お寺や器屋さん、和菓子屋さんにもよく行きます。
職人の手仕事は繊細でいろんな表情をもっていて、
作り手さんの人柄がみえるようで、とても興味深いです。
ZENで働きたいと思った理由は?
ひとつは、ZENは設計業務だけでなく、不動産から施工まで、住まいづくりに
一貫して手掛けてところが一番の魅力だと思います。
ひと分野だけに関わるのではなく、最初から最後まで
信頼ある人と責任を持って携われるところが理想的だと思っています。

もうひとつは、ZENの事務所はとても明るく爽やかです。
狭く薄暗い設計事務所が多いなか、このような環境は少ないと思います。


この仕事を選んでよかったと思うことは?
まだこの仕事をはじめて日が浅いのですが、
学生時代に学んだことを使ってお仕事ができることは、嬉しいことだなと思います。
「建築」の好きなところは、ものづくりであるところ、哲学であるところ、です。

まだあまり分かっていませんが、。
仕事の苦労話を聞かせてください。
建築の仕事は始めたばかりで、自身の持っている知識が少なさを毎日痛感します。
基本的な事柄でも先輩方に教えていただいたりしなければならず、
苦労というか、自分の未熟さを感じます。
地域で「これだけは負けたくない!」ということはありますか?
人に勝るものはひとつもありませんが、
嘘をついたり、見て見ぬふりをしたりせず、
自分に恥ずかしくない人間でありたいなとは思います。
「将来ZENでこんなことをしたい」という夢を語ってください。
相手の気持ちや、相手が抱いている言葉にならない要望を汲み取れる
やさしい設計士になりたいです。
そうしてZENの一員であると胸を張って言いたいです。

長い道のりになりそうです。