tel
contact

BLOGブログ

足の裏の米粒

2011年7月29日
近藤

「住まい」の業界にはいろいろな資格があります

不動産の分野、建築の分野、設計の分野・・・

資格そのものは、持っていた所でただの紙切れにすぎません
仕事をすることに対しては、あまり能力を発揮するものでもありません
むしろ、それに溺れてしまい、勘違いしてしまう人も多くいるぐらいです

そんな事もあり、自分の中では 「足の裏の米粒」 くらいの感覚が丁度良いかと

足の裏に知らないうちにくっついている、あの、にちゃにちゃした米粒
取っても喰えない(生活できない)けど、取らないとなんか気持ち悪い

そんな米粒ではありますが
ゼンでは、その米粒に見えない可能性を感じています
人は育った環境で人格が形成されるといいますが
設計の仕事で言うと、+資格 が良い環境につながると信じています

先日、一級建築士の試験がありましたが
当社のスタッフの一人が筆記試験の合格点に到達していました
次は10月の実技試験(製図)を残すだけです

会社のスタッフといえど、同じ設計を志す仲間
ゼンにとっても嬉しい限りです

過去の記事

menu
tel
contact