tel
contact

BLOGブログ

宇宙…

2011年10月13日
花崎

 宇宙兄弟

 プロフィールにも書いている僕の(唯一単行本を持っているほど)好きな漫画が来春映画化&公開されます

uchukyodai_ver22_1024

あらすじは…

 
  2006年7月9日、月に飛翔するUFOに遭遇し「2人で宇宙飛行士になろう」と約束した南波六太(なんば むった)、日々人(ひびと)兄弟。時は流れ2025年、その時に交わした約束通り日々人はNASAの宇宙飛行士となって月に向かおうとしていた。その一方、弟の悪口を言った上司に頭突きして自動車開発会社を退職(リストラ)し無職となった六太。再就職もうまく行かず意気消沈していた六太の元に、事情を聞いた日々人からメールが届く。「あの日のテープを聴け。」メールに書かれているまま、幼い日に録音したテープを聴く六太。するとそこには、六太が置き去りにしていた「約束」が鮮明に刻まれていた。(Wikiより)

わくわくしませんか?
 
 誰にでも子供の頃と同じように無邪気に心おどる感覚にさせてくれるモノはあると思います。

 スポーツや釣りなど趣味に熱中される方や昨日も行われたサッカー日本代表の試合観戦、女性の方ではディズニーランドなんかはいくつになっても…という方も多いのではないでしょうか

 僕は『宇宙』という言葉に心おどります

 幼い頃から毎日のように見上げる空ですが僕たちは知らないことだらけです。

井の中の蛙=地球の中の人 同然に宇宙の中で人の知っていることがほんの一握りだと思うとわくわくします。

民間の参入もあり宇宙開発は急速に進むと言われていますが、実際どうなのでしょうか?

空を見上げて輝く無数の点一つ一つが星で…人が行ったことのあるのはその中のたった一つ月だけという事
実…

子供のころ自分が大人になったら宇宙旅行に行けると思っていたのに…心配です
 
 

この漫画を読みながら生涯設計士をしているうちに一級建築士ならぬ宇宙建築士なんて資格を取る時代にめぐ
りあえないかな…などと真面目に夢見ている今日この頃です

 

過去の記事

menu
tel
contact