tel
contact

BLOGブログ

心配り

2016年7月3日
近藤

日常生活や仕事をする上で
いろいろな人に対しての気配りは
当然に必要な人としてのスキルですが

その上に立つ人や一定の人達に求められスキルの一つが心配り

これを日常的に身につけている人は
私の周りにもそう多くはいません

先日一件の上棟式があったのですが
優しい心配りを一つ紹介したいと思います

IMG_1417

手紙をもらうことなどもそんなに多くはないのですが
心遣いと一緒に素敵な心配りを頂きました

20年以上仕事をしているといろいろな心の変化があります

初めて上棟式に参加した時には
なにか自分が主役になったような気分で気持ちが良く
その上、お礼までいただいてなんと気分の良いことか、と

お金がもらえることが単純にすごくうれしかったのを覚えています

それを何十年も経験していくとそれが当たり前になっていき
次第に感謝も薄れていった時期もあったように思います

最近は、安全に工事がなされているか
現場の雰囲気は悪くないかなど、
やっと気配りができるようになってきたかなと・・・

またこれから経験を重ねていくと
新たな考え方も出てくるとは思いますが

建築がつなぐ人との関わりの中で
まだまだ成長できる自分がいることを再発見した一日でした

「 こころばかり 」

素敵な言葉です

過去の記事

menu
tel
contact