tel
contact

BLOGブログ

歌舞練場に行ってきました。

2017年10月6日
杉本

祇園甲部歌舞練場

大正2年竣工、木造で入母屋・瓦葺の純和風大劇場建築です。

本来は芸舞妓の歌舞などを披露する場ですが、
建物の耐震工事のため、一時休館になっています。

主に内覧会や展覧会の会場に使われている別館の八坂倶楽部は、
すでに耐震工事を終え、歌舞練場休館の現在は
「フォーエバー現代美術館 祇園・京都」と題し、カフェ併設した美術館になっています。

フォーエバー現代美術館 祇園・京都 最初の企画展は
草間彌生 My Soul Forever展。
美術館の館長が長年かけて集めた草間彌生の作品を80点以上見ることができます。

噂を聞きつけ行ってきました。
159DD78E-8E21-4B9B-8836-04A5C3AFF7D0
道路からみえる直径5mの大きな南瓜が目印です。
歌舞練の屋根に見える手の込んだ装飾が素敵です。美術展の入口は南瓜より右側にあります。

館内で撮影ができる場所が少しあったので撮ってきました。
F0F5996E-B6D3-4274-9F74-0CE1CBB71746

D873A9DD-609E-42E0-9B4C-B4AC2A2EBF9F
全体的に草間彌生の初期のころの作品が中心です。
畳に座って作品を見ることができ、作品も少し低めに展示してあるように思いました。
伝統建築と現代アートの融合で不思議な空間です。

順路に沿って進むと、お庭が見えてきます。
843646C4-823C-4555-AC99-E01539C27469
14F1966E-F9CE-4EB2-9D44-F5EB7047CE02
縁側に座って眺めたり、お庭に出てゆっくり歩くこともできます。
訪問時はあいにくの雨天でした。

会場は2階の第4会場につづきます。
少し急勾配な階段をあがるとお座敷空間が大きく広がっています。
撮影できないのが残念です。
一番奥にある舞台の上には大きな作品が一つ。
4A2EEC10-7972-4048-A1A1-0ADAA1579849

41BB255F-41B3-4718-A8FD-2FA12D1ED0A2
「私の魂を乗せてゆくボート」(1989年)という作品。
無数の布製のクッションでできています。
舞台の松の絵と照明の効果か、少し怖いような雰囲気もあります。

そのあとはミュージアムショップとお庭が見れるミュージアムカフェに寄って
一息つくのがおすすめです。

過去の記事

2021年

menu
tel
contact