tel
contact

BLOGブログ

2017祇園祭 小粋な粽

2017年7月11日
上田

暑い日が続きますが、皆様どうお過ごしですか?
七月より祇園祭がはじまっております。
私は恒例の鉾組み立てを前に色々と準備をしております。

先日は粽作り。。
ほとんどの鉾は粽を販売をしてるため、
ものすごい数の粽を製作しておりますが、
私が携わる「北観音山」は手ぬぐい、粽等のグッズ販売をしておらず、
関係者分の製作なのでそこまで多くありません。。

IMG_0477

なので、街をうろうろしていて北観音山の粽を見かけるのはかなりレアです。

IMG_0487

粽の由来は、昔、牛頭天王(素戔嗚尊:スサノオノミコト)が
巨旦将来(こたんしょうらい)と蘇民将来(そみんしょうらい)
という兄弟に一夜の宿を求めました。
兄の巨旦将来は家庭が裕福であったのに拒絶し、
反対に、弟の蘇民将来は貧乏でしたが快諾し、
とても手厚くもてなしました。
牛頭天王はその真心をとても喜び、翌朝旅立つ前に、
蘇民の子孫を末代まで疫病から護ることを約束しました。
目印に腰に茅の輪をつけ、蘇民将来の子孫と名乗るように、
と言い残して立ち去りました。
後に疫病が流行った際、巨旦将来の子孫は死に絶えましたが
蘇民将来の子孫は疫病を免れ代々繁栄したといいます。
茅の輪は”茅”を束ねて作ったものなので、茅巻きと
呼ばれるようになり、これが現在の笹の葉で巻いた
”粽”の本来の姿です。
そしてその故事にちなみ、祇園祭の粽には
”蘇民将来子孫也”という護符が付いています。

IMG_0476

山や鉾で販売される粽・護符には、通常の厄除けのほか、
由来に合わせた色々なご利益があります!
自分に合ったご利益を目当てに山鉾めぐりに行ってみる、というのもよいのでは?

* 役行者山:疫病除け・交通安全 ・安産
* 鈴鹿山:盗難除け・安産
* 八幡山:夜泣き封じ・子供の健康・夫婦円満
* 黒主山:泥棒・悪事除け
* 浄妙山:勝運向上
* 鯉山:立身出世・開運・家内安全
* 霰天神山:雷除け、火災除け
* 占出山:安産
* 郭巨山:金運向上
* 孟宗山:親孝行
* 油天神山:学問成就
* 木賊山:迷子除け・再会
* 船鉾:安産
* 白楽天山:学問成就、招福除災
* 太子山:学問成就・知恵を授かる、身代わり
* 保昌山:縁結び
* 菊水鉾:不老長寿・商売繁盛
* 岩戸山:開運
* 山伏山:雷除け
* 芦刈山:縁結び・夫婦円満
* 綾傘鉾:安産・縁結び
* 四条傘鉾:招福厄除
* 大船鉾:安産

特にここに上げられていない山・鉾は厄除け全般・疫病除けのご利益があります。。

皆様、今年も祇園祭を楽しみましょう。。

                                                         

過去の記事

menu
tel
contact