tel
contact

BLOGブログ

書初め

2018年1月13日
杉本

平成30年を迎え、早2週間が経とうとしています。

お正月行事のひとつ「書初め」
新春にされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな私の今年の書初めは御幣になりました。

御幣とは、神祭用具の一つで、上棟式をされた方は見覚えがあるかと思います。
御幣には神霊が宿り、示現する依代 として神に供えられた。
今では不浄を祓うために用いられる そうです。

主軸(弊串や幣芯というそう)の裏面にはお施主様の名前、施工会社の名前を
て書くようになってます。
IMG_2068

未熟ながら書かせて頂きました。
IMG_2070

ここへ扇や注連、水引などの飾りを完成です。
IMG_2072

本来書初めは、
若水(元日の朝に初めて汲んだ水、邪気を払うといわれている)で墨を摺り、
新年の恵方の方角に向かって詩歌を書く
という、行事だそうです。
私も幼い頃は、1月2日は里芋の葉についた朝露を集めて摺った墨で書初めをして
15日頃のとんど焼で燃やしたなぁ、なんて思い出しました。

と、いうわけで
皆様 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
幸多き年でありますように。

過去の記事

menu
tel
contact