tel
contact

BLOGブログ

新緑の季節

2018年5月5日
斉藤

暖かい陽気が続き、暑いくらいの日もしばしば。
緑がそだち散歩の楽しい季節です。

先日、棟上げが無事完了した現場にて上棟式をさせていただきました。
四方のお清めはお子様も一緒に。

5B747E95-D4C3-4293-8741-06693F08A832

そのあと大工さん、スタッフ、お施主様で式を。
喜んでいただけるお家づくりになるよう、工事を進めさせていただきます。

AAFAAEA9-CBD3-4356-A1E7-1E101C614F4B

明日は祝日、こどもの日。
この日の由来をご存知でしょうか。
江戸時代、武家の家庭では男の子が生まれると、
その家の家紋が入ったのぼりを飾っていました。

中国の故事に
「黄河の急流にある竜門と呼ばれる滝を多くの魚が登ろうと試みたが
その中でも鯉のみが登りきり、登りきった鯉は竜になることができ天に登った」
というものがあります。

この伝説にちなんでやがて「鯉の滝登り」が出世の象徴となり、
立身出世を願う意味を込めて町人が鯉のぼりが飾を飾るようになったのが、鯉のぼりの始まりだそう。

鯉のぼりを立ててお祝いをする5月5日は、
もともと季節の節目を祝う五節句のうちのひとつで
「端午の節句」とも呼ばれます。

端午とは、旧暦の5月が十二支の牛にあたり
その月の端だという意味があります。
もとは菖蒲や蓬を軒先にさしたり、
お湯に入れて「菖蒲湯」にして病気や災いといった邪気を払う日でした。

子どもの成長を祝う節句である端午ですが
古代中国では5月は一年のなかでも悪月とされ
多くの邪気を祓う風習が記録として残っているのだとか。
菖蒲の葉は香りが強く、邪気を祓ってくれるとされ
それだけでなく薬性の面でも重用されました。
そんな菖蒲にまつわる風習が今も伝わっているようです。

季節の節目に設けられた節句にはそれぞれ
行事と関係する植物があります。
5月5日の菖蒲のように
1月7日の七草や、7月7日の笹をはじめ
3月3日の桃、9月9日の菊。

季節の旬の身近な植物から生命力をもらい
邪気を祓うという目的から始まったという節句。
本来の意味を知らずに行事としてしか認識していなかったお祭りごとも
意味合いや由来を知ることで暮らしや季節の移ろいをより楽しめる気がします。

過去の記事

menu
tel
contact