tel
contact

BLOGブログ

建築協定

2014年5月30日
近藤

IMG_0399

京都に限らず全国的に 「建築協定」 が定められてある地域があります

法律や条例は基本的に、国や都道府県、自治体が定めるのが一般的ですが
この建築協定については、基本そこに住む人達が発案者になって、地域の決まり事を定め
未来に良い形で文化資産を残したりするのが目的です

なんでも法律が優先の世の中ですが、「個々の約束事」 が非常に尊重される良い仕組みだと思います

ヨーロッパの集落などでは、子供も自分たちの住む町に早くから関心を抱き
生活の中で、次世代に受け継ぐといった感覚を持ち合わせているようで
文化の先進国ならではの成熟した国民性がとても素敵です

京都は世界的に見ても、文化の豊かな町で観光都市でもあり
特に 「田の字」 の中には多くの町屋が現存して活用されています

IMG_0402

個人的には散歩の良く似合う町の印象が強く
なんど同じ小路を歩いても新しい発見があり新鮮です

今回見つけたのはこれです

IMG_0401

一見なんでもない町屋ですが
付け庇(屋根?)に金属の加工品を使っています
柔らかな曲線で施工することにより、その存在を消しています

なぜ金属で施工したかは不明ですが
見事に調和しています

IMG_0404

御池通りに面した赤の鳥居
魔界との結界でしょうか

なんともミステリアスな町です

個人的に建築協定を作成するなら

屋根は瓦
外壁は塗壁
外構には植樹帯

たったこれだけのことで100年後に世界一の文化都市になるのではと思います

過去の記事

menu
tel
contact