tel
contact

BLOGブログ

小粋なハナ

2019年5月8日
上田

 

 

 

先日、平等院鳳凰堂へ藤の花を見に行ってきました。。

春はいろんな花が楽しめて、新緑も美しく、好きな季節です。

春のお出掛けは、自然を楽しむ過ごし方が良いですね。

花が折れてたら、へこんでしまう、今日この頃です。

 

そんな、気分のいい時には道具の整理をしたくなります。

今日は木工機械のカンナ刃の交換を行います。

 

機械を長く大切に使うには、こまめに変える事は大事なことです。

替え刃は金物屋さんに研ぎをお願いしています。

その時に、三枚のカンナ刃の差は2グラム以内にしてもらう様に指示しています。

 

この木工機械は三枚のカンナ刃が高速回転し、木材を削ります。

その際に、カンナ刃の差が大きいと遠心力に差が生じ、機械に負担がかかります。

「なかなか、そこまでこだわる人いないよ。」っと研ぎ屋さんに言われますが、

機械を長く、大切に使う、家禅のこだわりです。

木工機械の日々の使い方はもちろん大事ですが、木工機械のメンテナンスをお願いしている技術の高い機械屋さんの協力があって、家禅は精度の高い加工ができているのです。

花も長く楽しむには、メンテナンスも必要ですね。

花を大切に・・・。