tel
contact

BLOGブログ

2011年10月28日

2011年8月26日
名和

先日、日本テレビの「不可思議探偵団」と言う番組を見ていたら、2011年10月28日に人類が滅亡すると言っていました。

その根拠は、ナポレオンの登場やヒトラーの出現など数々の歴史的事実が予言されていたマヤの予言書がその日を境に途切れていたからだそうです。

ナポレ~1

hitora-

そもそも、マヤ文明とは紀元前4世紀頃、メキシコで栄えた文明で、マヤ人たちは天文学を極め、地球の公転速度もかなり正確に計算していたそうです。

maya

maya2

そして、その高度な天文学的知識を活かしてマヤの予言書を作成されたそうです。

そのマヤの予言書を研究されているスウェーデンの医学博士カール・コールマンさんが言うには、
予言書が10月28日で止まっているのは、その日をもって世界が終わるからだそうです。

では、なぜ10月28日に人類が滅亡するのかと言うと、
諸説ありますが、代表的には2説あります。

一つ目は、
隕石が地球に落下して、地球が氷河期を迎えるという説。

1258297437

なぜ隕石が落下して氷河期になるのかと思われる方もおられると思いますが、その辺については難しい話になりますので、こちらの方をご参照ください。

そして、もう一つは宇宙人による侵略。

75_bcbd980c76f2addb605df6fab08c8534

この説は、昔からいろいろ言われておりますが、最近、世界中で頻繁にUFOの目撃情報が多数あり、
日本では3月11日の大震災以降、日本各地で目撃情報が激増しているそうです。

imagesCAP9UVP2

そして、アメリカのウェブボットと言う、元マイクロソフトのコンサルタント クリフ・ハイが作ったプログラムシステムで、このプログラムも今年の10月に人類の危機があると予測してるそうです。

とは、言ってもアメリカのNASAも、2011年10月の中旬に地球に接近するエレーニン彗星と言うものがあると報告しているのですが、
接近とはいっても、地球から月の距離の何十倍も遠くで何も地球に影響はないとされていますし、

ウェブボットの予測も、ウェブボット自体が、ウェブ上のキーワードを拾い集めて予測するプログラムなので、
マヤの予言などで話題になっているキーワードを拾うと、必然的にそう言う予測になると言うわれております。

ですので、一昔前にはやった、ノストラダムスの大予言みたいに何も無いかもしれないし、

もしかしら・・・・
と言う可能性も完全には否定できないかもしれません。

信じるか信じないかは、あなた次第です・・・・・・・・・

ton_002

過去の記事

menu
tel
contact