tel
contact

BLOGブログ

炎のぬくもり

2020年2月20日
大園

こんにちは、まだまだ風邪の流行る時期ですが、皆様体調など崩されていないでしょうか。

今回は事務所の冬場に大活躍している薪ストーブについて、注目しようと思います。

事務所の薪ストーブはベルギー発祥のストーブを使っています。

薪ストーブにとっての最適な温度は天板部分で180°~200°だと聞いたので、

私たちも200°を目安に薪を燃やしたり空気を入れて温度を調整しています。
こちらが温度計になります。

「薪」と「空気」の量を上手に調節してあげることで、焚き始めは勢いよく、温まったらとろとろとゆっくり燃やしていくことができます。

薪は、よく乾燥したものを使用するのが良いとされており、

水分が含まれていると、燃えが悪く燻ぶった状態になり、ストーブの火力が落ちます。
また、大きな薪を入れると芯まで熱がいくのに時間がかかる為、これもまた火力が上がりにくい要因となります。
最近事務所で燃やしている薪は太い薪が多く、上記の理由で温まりにくいこともありますが、
だんだんと春に向かうこの季節には丁度良い温度感でもあります。

冬場はこの薪ストーブの活躍により、事務所は暖房機器なしでも温かく

2階の打ち合わせスペースでは、無垢のフローリングが下からくる薪ストーブの熱によって床暖房のように温かくなります。
また、メラメラと燃える火を見ながら一呼吸置いてみたり、

薪ストーブのある空間は癒させることも多いなと感じています。

 

 

menu
tel
contact