tel
contact

BLOGブログ

京都の夏

2012年8月2日
名和

梅雨も明け、8月に入り、いよいよ夏本番。

お盆休みの予定は決まっているでしょうか?

京都の夏といえば、いろいろな楽しみ方があると思います。

鴨川の床。

嵐山の保津川下り。

その中でも、七月は祇園祭。

八月は何といっても五山の送り火だと思います。

gaiyou

五山の送り火は毎年、八月十六日にお精霊(しょらい)さんと呼ばれる死者の霊をあの世へ送り届ける為に、
京都市の「大文字山」「船山」「松ヶ崎・西山及び東山」「左大文字山」「嵯峨鳥居本」で、
炎を上げる行事です。

dai

fune

hou

myou

torii

五山には保存会があり、基本的にはそれぞれの山のお寺の檀家が管理されているのですが、
鳥居だけ唯一、寺の檀家の世襲ではなく有志により管理されている。
また、鳥居だけ松ヤニが入った松を使うため、
火の色が他山とは少し違いオレンジに近い色になっているらしい。

また、鳥居の火床は、他山と違い、木を組むのではなく、松明をそのまま突き立てるやり方をとっているので、
五山の送り火を見る機会があれば注意して見られてはいかがでしょうか?

過去の記事

menu
tel
contact