tel
contact

BLOGブログ

内外の緩衝帯

2018年8月5日
花崎

小倉山の家のリビングのソファに座った目線から正面には空に向ける窓(夏の雲ってきれいです)

右手には庭越しの嵐山(工事中は仮設足場が存在感放っていますが・・)

2階のフリースペースの造作ソファから(完成したらきっとここで読書すると気持ちいいだろうな~と想像しながら設計)

恵まれた景色の場所で、内部と外部を繋ぐ間の窓の配置はよくよく検討しただけあって実際現場で自分の目で確認した景色にも満足。

これから外装~内装工事と進んでいきます。

 

場所は変わり竹園町の家 こちらはお引越し後1年の定期点検にお伺いしました。

南西2面道路に面したリビングに付随するプライベートデッキ+左官と大工に寄る造作塀

道を歩く人に圧迫感を与えないような意匠と住み手のプライバシーを両立した暮らしの一助となっています

過去の記事

menu
tel
contact