tel
contact

BLOGブログ

ファサード

2018年9月3日
石田

建築の正面外観のことをファサードといいます。

 

ファサードは家の印象に大きく影響を与えますが、

 

敷地の形状や内部の構成、条例等での外観の規制などで様々な制限を受けるため一軒一軒場所に応じたデザインが必要になってきます。

 

丸窓が印象的でリズムをつけた勾配屋根となっています。

 

 

 

切妻と片流れ屋根を組み合わせで特徴のあるデザインにしています。

 

 

 

 

箱を組み合わせたようなデザイン。白いサイディングと黒く塗装された木板を対比させています。

 

 

 

 

こちらは施工途中の物件です。

深い庇と格子でデザインしました。

格子は上の方になるほど間隔を広げることで下から見たときに面がつぶれず、きれいな格子の表情が出せるよう工夫がされています。

 

 

街並みや光の入り方など様々な要素を考慮して、その家に最適のファサードデザインを行います。

過去の記事

menu
tel
contact