tel
contact

BLOGブログ

プライベートな空間

2018年12月12日
石田

外部空間を庭やデッキを作るときにどこまでパブリックな空間と差別化をするか、プライベート化するかということは設計上大きなポイントになってきます。

 

この建物の設計ではプライベートな空間とパブリックな空間を掛け合わせるような構成にデザインしてみました。

 

まずはファサードです。道路側から見ているのでここはパブリックな空間です。

真ん中の通路の奥に玄関があります。

 

通路部分はこのような空間になっています。

突き当たりになる部分には庭が設けてあります。

 

通路を奥まで歩くと上部が吹き抜けとなっており、光が差し込む明るい空間です。

ここは道路側から視界には入りますが、通路を通る分心理的な距離感があるのでパブリックとプライベートの中間のような空間です。

 

吹き抜けの上部はデッキテラスになっています。

周辺環境を計算し隣家の視線や圧迫感を感じさせない空間です。

 

リビングとも繋がりのあるように構成しました。

 

このデッキ部分は外部からの視線を徹底的に排除する高さの設定になっており

どこからの視線も気にならないようになっています。

 

道路側の完全にパブリックな空間から2階デッキテラスの完全プライベートな空間を

通路空間でつなぎ上下に構成することによって心理的なグラデーションを生み出すことを試みました。