tel
contact

BLOGブログ

外壁

2019年3月14日
山本

お昼には少し暖かく春を感じれる季節になってきました。

夜はまだ寒く、服装に悩むシーズンです。

 

 

 

上棟したお家も

足場がなくなり、完了検査も終わりました。

 

今回、外壁を無機質系外壁仕上げ材で仕上げました。

 

 

無機質系外壁仕上材はモルタル仕上の一種です。

 

外壁の仕上といっても様々な種類があります。

 

よく住宅でみるのが

窯業系サイディング。

シェアは日本で7~8割を占めています。

 

 

サイディングとは板状の外壁材を総称したものです。

機能性・デザイン性などほかの外壁材と比較しても色柄も豊富、施工も比較的容易なため、よく見る事ができます。

 

サイディングにも種類があり、

サイディングのなかで窯業系の次によくみるのが、

金属系サイディング。

ガルバリウムやアルミニウム、ステンレスの鋼板などが使用された商品です。

水分を吸収しない鋼板製の表面のため耐凍害性にも優れているので、寒冷地で使われることが多いです。

 

 

京都は景観の規定もあり、なかなか自由な色は難しい場合もありますが、

様々な商品がでているので、外壁の材を選ぶのも楽しいと思います。