tel
contact

BLOGブログ

リノベーション

2020年4月15日
石田

昨年から工事をさせていただいていた亀岡のリノベーション工事が完成しました。

リノベーションではどこまでやるか、ということが大きなポイントになります。

既存部分に対して表面的なものや設備の取り換えにとどまるのか、

表面的にきれいにするだけではなく構造・断熱を既存部分との

兼ね合いを考えながら安全快適な住宅に生まれ変わらせるのか。

数ある選択肢の中で今後のライフスタイルにふさわしい選択が必要になります。

 

そんな中で今回の工事は間取りも含めて大きく変更を加え、断熱、耐震を新築同等以上にする設計で行いました。

 

元々はこのような縁側のある和風のお家です。

柱を残しながら板間の部分を土間に変え内部の一体感と縁側の外部とのつながりを再構築しました。

 

【Before】

 

 

 

【After】

 

 

 

 

 

 

元々キッチンがあった場所は浴室と洗面所に変えました。

【Before】

 

 

【After】

 

 

 

新しいキッチンは応接間だったところをダイニングに合わせて作り変えました。

 

【Before】

 

【After】

 

 

 

ご要望に合わせて畳敷きの部屋だった2Fにも洗面所を作りました。

【Before】

 

【After】

 

 

主寝室や子ども室も構造体を利用しながら新しく組み替えました。

【Before】

 

【After】

 

 

【Before】

 

【After】

 

古い架構をあえて手を加えず見せている箇所も残し、リノベーションならではの内装に。

【After】

 

 

このようにリノベーションでも間取りと内装を自由に構成しなおすことができます。

仕上がってしまえばわかりませんが、耐震診断に基づく耐震補強工事や

新築のZEH相当の性能をクリアできるレベルの断熱工事を行っています。

一言でリノベーションと言ってもその内容には無数の選択肢があり、

何を求めてどのくらいのコストで工事を行うのが自分たちにとって最適なのか。

ご興味のある方はぜひご相談ください。

過去の記事

menu
tel
contact