tel
contact

BLOGブログ

階段と機能

2020年6月9日
石田

暑い日が続いております。

暑い時期にマスクをする経験があまりなかったもので、日々暑苦しさを感じています。

 

さて、以前当社で設計施工した階段の写真です。

階段の段に合わせて本棚を設置しました。

上部に見えるのはロフトに上がる階段です。

2階からロフトをまたぐ大きな本棚になっています。

 

お打ち合わせの中でよく階段のご希望でお伺いするのは鉄骨を用いたスリット階段ですが、

イメージとしては出来るだけシンプルな構成にしてスッキリ見えるものをご要望されます。

 

しかしシンプルさではなく複雑な構成でインテリア性を持たせる方法もあります。

先述の階段を通じて階をまたぐ本棚や階段自体が棚になっているような形の階段が例です。

 

階段下の空間や段状の構成を生かして箱を組んでいくイメージで、

階段自体に棚の機能を持たせてインテリア化する方法です。

 

階段は住宅の立体構成の中で重要な要素ですので工夫する事で家のシンボル的なものにすることができます。

 

過去の記事

menu
tel
contact