tel
contact

BLOGブログ

庭造り

2020年6月18日
斉藤

苔があるお庭というと、日本庭園のような和のイメージを想像しがちですが

海外でも取り入れられていて、洋風なお庭とも相性がよかったり

ほっと安らげる、風情のある空間を演出してくれます

 

 

苔の植え付けには、まきゴケ法、移植法、貼りゴケ法、
三つの植え方があるのだそう

 

まきゴケ法とは、ほぐしたコケを種のようにまいて殖やすやり方
時間と手間がかかりますが、少量の苔で均等なマットを作ることができ、

範囲の狭い植え付けに適しています

 

移植法とは、小さな苔は塊で、大きな苔は数本ずつ植え付けるやり方
親株を確実に定着させ、少しずつ大きく増えていくので、

育苗箱、岩のくぼみなどへの植え付けに向いています

 

貼りゴケ法とは、マット状に剥がしたコケをそのまま別の場所に植え替えるやり方
苔のマットを崩さずにそのまま移植するため、植え付ける場所と同じ面積の苔が必要になりますが、

施工直後の完成度が高く、よく選ばれる施工方法です

 

苔の種類によって植え付け方も様々

以前お庭造りをされたお家から少しご紹介

 

 

 

別の場所から採取された苔

 

 

 

土がついています

 

 

奥の方は撮影日より3週間ほど前に施工した部分。落ち着いた色合いが出てきています

マット状のまま手前の方の土の上にひき、

 

 

職人さんがハンマーやコテで密着

 

 

少し分かり難いですが手前が新たに移植された部分

定着して日数が経つと起き上がってきます

 

 

 

さらに二週間後

 

 

 

手前の苔も起き上がってきました

 

 

成長し馴染んでいく様子を眺められるのも、お庭造りの醍醐味の一つだなと思います

また寄らせていただくのが楽しみです

 

 

過去の記事

menu
tel
contact