tel
contact

BLOGブログ

伝統的

2020年8月12日
小谷

先日、新築工事をさせて頂く土地において敷地調査に趣くと

 

 

解体工事の真っ最中でした。

 

内部解体が終わり、外部に足場を組む作業です。

 

そこで丸太が使われていました。

 

真っ直ぐ細い丸太を組み合わせて固定します。

 

その為、間伐材の有効活用でもあります。

 

木材を使用している為、建物に合わせ

 

その場で加工できる自由性もあります。

 

国宝や重要文化財の改修工事に使用されている伝統的な工法です。

 

どこかで見た事があると思っていましたら、清水寺の工事にて使われていました。

 

 

現在、安全性において鋼製の足場が多くなっています。

 

実際に自分が入社してから見てきたのは鋼製の足場です。

 

 

現在において、その有意性を活かし伝統的な工法が残っている事は

 

素晴らしい事だなと思いました。

 

後日伺うと建物は無く、後は土地を平らにする更地の状態でした。

 

 

 

過去の記事

menu
tel
contact