tel
contact

BLOGブログ

ヒューマンスケール

2020年10月11日
小谷

朝晩の冷え込みが強くなってきました。

 

いかがお過ごしでしょうか。

 

自分も2年目となり、プランを描かせて頂く機会や

 

図面を作成する事が多くなってきました。

 

プランなどを作成するにあたり

 

ヒューマンスケールを用い、考えます。

 

ホール空間において、廊下と同じ幅であると狭く感じます。

 

〝階段を上がる〟〝靴を脱ぎ、上がる〟等の動作が伴う場合

 

廊下幅より広く取り〝ゆとり〟を持たせます。

 

また、デスクにおいてはパソコンを使用するなら600mm程

 

奥行がほしい。

 

このように、導線、デスク・チェア等の家具寸法を考える時

 

住みやすさを考え、使いやすさを考え

 

大きさを人・空間に落とし込み、適切な大きさを考えます。

 

 

御打ち合わせ・見学会等において

 

メジャーで大きさを測ったり、室の大きさを帖数で伝える

 

また、実際に触れ感じる事でモノ・室の大きさが

 

〝大きい方が良いな〟〝小さい方が良いな〟

 

〝これくらいが理想です〟〝ちょうど良いです〟

 

の意見が頂け、完成した際の〝善い〟に繋がります。

 

造作で作るからこそ、標準的な仕様がないからこそ

 

御客様の〝スケール〟に合わせた、住みやすい住宅を

 

一緒に考え・造る事が出来ます。

過去の記事

menu
tel
contact