tel
contact

BLOGブログ

俺の遺言「リップソー①」

2021年3月10日
上田

見た目、今にも宇宙へ飛び出す、エンタープライズのようなフォルム。。。

材木の縦挽きする際に使用する木工機械。

厚みは60まで。。。

単純な機械ではあるが、製材のスピードが格段に上がる。

反りが著しい時や厚み60以上の厚みの材料を縦挽きの際は帯鋸を仕様する。

 

 

キャタピラのような物で材料を自動で送ってくれる。

手袋の使用は危険が伴うので気をつける。

手袋が引っ掛かれば指が。。。。

製材のため送った材料が反発防止の仕組みがされているが、

絶対に材料の延長上には立ってならない。

何かの拍子で反発してきた材料の速度は怪物江川の速球並み・・・。

材料を送る速度は遅く設定している。

機械と刃に負担がかかるため、触る必要はない。

 

縦挽きを専門としているので、歯数が少なめのチップソーを取り付ける。

チップソーの厚みは3mmの厚目を使用。

抵抗の目盛りが半分を超え出す頃にはチップソーの交換サイン。

他には切れ味、音でもチップソーの交換時期を判断する。

機械が作動しなくなる事がある。原因はいくつか考えられる。

湿気が多い時期にはヒューズボックスに湿気の可能性あり。

動力のヒューズも確認。。。切れている場合は交換が必要。

 

 

キャタピラーに自動で送られるオイルは必ず使用前に確認、補充すること。

オイルを送る量も調節できるが、2.5程度が適量。

 

次回「リップソー②」ではチップソーの交換方法について。

お楽しみに・・・・。

 

 

 

 

 

 

過去の記事

menu
tel
contact