tel
contact

BLOGブログ

小粋なデニム

2016年9月14日
上田

暑さも随分マシになりました。
しかしまだまだ、汗だくです。

気が付かれませんが、
作業着にも一応こだわりがあります。

祇園祭のTシャツが基本ですけど。。。。
同じ様に
私服にもこだわりがあります。。。

それはジーンズ。
高校生の頃から好きで、色々と履いてます。

久しぶりに新しいジーンズが欲しくなってきた。

時々、デニムを買う私。

色落ちを楽しむのだ。
使用頻度、洗濯頻度で同じデニムでも色落ち具合が変わる。

これが面白い。

IMG_8358

この二本は同じブランドの同じ形、
同じ染め方のデニム。
使用期間も同じ。。。
洗濯回数でこれだけ違う。。。

楽しくなってきますよね。

インディゴのデニムなら基本的に、

タテ糸は「インディゴ」
ヨコ糸は「白」

となっていますが、この「タテ糸」、
実はインディゴに染められてはいるのですが、
断面を見ると芯まで染まりきっておらず、芯に近づくにつれて白くなっている、いわゆる「中白」という独特の染め方になっています。

そしてこのタテ糸は着用するほどに摩擦や摩耗で次第に痩せていくので、
糸の色もそれに合わせてどんどん色褪せていきます。

もともと色止め(定着)していない染色方法ということもあり、
洗濯などによってもどんどん染料は色褪せていきます。

それらの要素が合わさって、あのグラデーションのある、趣のある色落ちが表現されていきます。

今回買ったデニムどう育てていこうか、
履きながら楽しんでます。

20160703_141617

20160703_141017

実は仕事で腰につけている、釘袋。
これもちょっとこだわっております。

本皮使用で、オイルで時々磨いております。
誰も気がつかないですけど。

20160630_130414

過去の記事

menu
tel
contact