tel
contact

BLOGブログ

流星群

2017年8月11日
斉藤

普段、空を眺めることはありますか?

私事ですが、少し早起きして見る朝焼けや、時々遭遇する夕焼け。
日中の、季節によって違う空模様を眺めるのがすきだったりします。

天体観望もすきなので、毎年夏に現れるペルセウス座流星群が
8月12日から13日にかけての夜が見頃だと聞いて楽しみにしております。
観測自体は8月20日頃までのようです。

ペルセウス座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群とともに三大流星群と呼ばれていますが、
流星群の中でもたくさんの流星が出現するので、比較的観測しやすい流星群だと言われています。

ただ、ピークと予想されている日は満月を過ぎたばかりで月が明るいため
見ることのできる流星の数は例年より少なくなりそうです。

郊外に比べると市街地の方が見えにくくはなりますが
それでも普段に比べると流星を見ることのできる可能性が高いので
明るい流星が流れることに期待しながら空を眺めてみようかなと思います。

流星はどの方角にも現れるそうなので
できるだけ月明かりが視界に入らないよう、
街灯のない方向を眺めれば流れ星が見つけやすくなります。
10〜15分ほど暗さに目を慣らすのもコツです。

日中に比べて気温も下がった夜
少し外に出て、星空を見上げてみるのはいかがでしょうか。

流星群

過去の記事

menu
tel
contact