tel
contact

BLOGブログ

地球の目線

2009年7月12日
近藤
神戸に建築士会が開いている記念講演を聞きに行きました
今回は京都造形芸術大学の竹村教授の記念講演でした

実際の1万分の1のデジタル地球儀を使いインターネットを経由してリアルタイムでの雲の流れを表示したり直径1.28メートルの地球儀では空気の層がわずか1?の脆弱な層であったり

宇宙船地球号が「好都合な真実」の星であることの説明など今までとは全く違う目線で地球を体験させてくれた印象に残った講演でした

内容は想像以上に壮大かつ現実的なものでしたが設計士の立場から提案できる身近な環境設計のヒントがつまっていて久しぶりに勉強をさせていただきました。

大きなところで太陽光発電の将来性や屋上緑化の優位性とか・・・

「地球の目線」・・・著者:竹村真一 PHP新書

環境エコをブームみたいに感じている人にはお勧めの一冊です。
エコに無頓着だった自分に反省・・・

デジタル地球儀にすごい感動

過去の記事

menu
tel
contact